2021年度 第77回受賞者 堀田季何(ほった・きか)

1975年生まれ、主に、東京、広島、米国で育つ。

2009年 第2回石川啄木賞(短歌部門)受賞。
2010年 第3回芝不器男俳句新人賞齋藤愼爾奨励賞受賞。
2016年 歌集『惑亂』により平成28年度日本歌人クラブ東京ブロック優良歌集賞受賞。
2018年、「俳句王国がゆく」北海道浦河町編俳句チャンピオン。
2020年 楽園俳句会を結社。
2021年 俳誌「楽園」創刊、主宰、現在に至る。
2022年 句集『人類の午後』で2021年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。
国内外の文学祭や詩祭に参加する他、俳句を中心に、多言語多形式で執筆。

「楽園」主宰、「短歌」同人。現代俳句協会会員、同協会幹事、兜太現代俳句新人賞選考委員、全国俳誌協会新人賞審査員、センバツ!全国高校生即吟俳句選手権審査員、詩歌トライアスロン選者。現代歌人協会、日本歌人クラブ、日本国際詩人協会各会員。

句集に『亞剌比亞』(2016年)、『星貌』(2021年)、『人類の午後』(2021年)、歌集に『惑亂』(2015年)。他に訳書や共著。

 

『人類の午後』自選五十句   堀田季何

水晶の夜映写機は砕けたか

息白く唄ふガス室までの距離

戦争と戦争の間の朧かな

鳥渡るなり戦場のあかるさへ

少年少女焚火す銃を組立てつつ

自爆せし直前仔猫撫でてゐし

雪女郎融けたる水や犬舐むる

満月や皆殺されて祀らるる

迷彩の馬駆けめぐる桜かな

花の樹を抱くどちらが先に死ぬ

宝舟船頭をらず常(とは)に海

懇ろにウラン運び来宝船

エレベーター昇る真中に蝶浮ける

紋白蝶重し病者の鼻梁には

白蝶の己が軌跡をなぞるとき

歪みつつしやぼん玉デモ隊の上

しやぼん玉水面にとまる円きまま

斑蝶斑蛾斑蝶斑

うち揚げられし魚(うを)へ夏蝶とめどなし

法案可決蠅追つてゐるあひだ

吾よりも高きに蠅や五六億七千万年(ころな)後も

霧のなか霧にならねば息できず

みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど

正方形の聖菓四ツ切正方形

ぐわんじつの防弾ガラスよくはじく

双六に勝つ夭折のごとく勝つ

とりあへず踏む何の絵かわからねど

汝が夢をはる吾が春の夢のなか

囀れりわが宍(しし)を喰ひちらかして

地球儀のどこも継目や鶴帰る

こどもの日ガラスケースに並ぶ肉

噴水や生前生後死前死後

白百合やわが遺伝子のやがて屑

かき氷青白赤(トリコロール)や混ぜれば黎(くろ)

星涼し聖母の顔は画家の妻

万緑を疾走す血の乾くまで

張りぼてを蹴つて西日に突きあたる

向日葵や人撃つときは後ろから

箱庭は橋落ちてをり岸に人

猫転がり人寝転がる原爆忌

人糞も化石にならむ敗戦日

人間を乗り継いでゆく神の旅

神還るいたるところに人柱

石段のはては祭壇冬銀河

首振つて白鳥闇を受容れぬ

寒林を出づ樹にされてしまふ前

撃たれ吊され剥かれ剖(ひら)かれ兎われ

日の本の中心や色変へぬ松

泳ぐなり水没都市の青空を

タイムマシン着くどこまでも夏の海