9月
25
水曜教室(初心者向け) @ 現代俳句協会事務所
9月 25 @ 1:00 PM – 4:00 PM
講師 原 雅子
 
場所 現代俳句協会事務所
 
開催予定
毎月第4水曜日(PM1:00~4:00) 
当協会員以外の方も参加できます。
参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
8月はお休みです。
水曜教室は初心者向けです。先生、研修部員も入っての句会です。
 

水曜教室句会報      2019.7.24

サングラス白内障になつただけ   山縣 隆

青梅雨やギプスの中の傷癒えて   石川寬子

梅雨の月逃さぬように金盥     鈴木砂紅

唖蝉やこれはこの子の第二章    柴﨑和男

半夏生未だに迷ふ令の止め     井出けい子

夏蝶の翅ひらき居る蛇口かな    岡田芳明

夏夕べ音楽堂は水の上       松本おはら

河童忌や海原近き築地川      戸村奈於美

放馬の仔海霧の深さに鼻濡らし   高橋和子

曇天にしの字つの字のキュウリかな 石黒宏志

子雀もジャンプ覚えて夏の草    中野みどり

銀漢の玉手箱には礫文字      渡邉安雄

日盛りの神鈴かるがるしく鳴りぬ  原 雅子

9月
28
第33回現代俳句東北大会
9月 28 @ 11:00 AM

講師・高野ムツオ

於・秋田市 協同大町ビル 11:00

2019年度初心者俳句講座
9月 28 @ 1:00 PM – 4:00 PM
この講座は、俳句初心者に俳句の楽しさを広めることを第一の目的としています。毎回当日投句による句会形式で進める、実作講座です。併せて、俳句の基礎知識(定型、季語、切れ、かなづかい等)や俳句の歴史などを楽しく学ぶことができます。
 
◇日時と回数
月1回。第4土曜日午後1時~4時(3時間予定)
但し、201911月は第5土曜、20203月は第3土曜。
全10回。8月、12月は休み。 第1回は、平成31年4月27日(土)
 
◇会場:現代俳句協会図書室(千代田区外神田6−5−4偕楽ビル7階)
 
◇講師:後藤章(現代俳句協会組織部部長・第38回現代俳句評論賞受賞)
 

【年間予定】

第一回 2019年4月27日(土)
・句会の進め方
・表記について
・句作りと生活
*三句投句
 
第二回 2019年5月25日(土)
・写生について
*三句投句
 
第三回 2019年6月22日(土)
・季語について
*三句投句
 
第四回 2019年7月27日(土)
・定型と切字について
*三句投句
 
第五回 2019年9月28日(土)
・子規句を読む
*三句投句
 
第六回 2019年10月26日(土)
・虚子句を読む
*三句投句
 
第七回 2019年11月30日(第五土曜日)
・素十、秋桜子句を読む
*三句投句
 
第八回 2020年1月25日(土)
・新興俳句を読む
*三句投句
 
第九回 2020年2月22日(土)
・金子兜太句を読む
*三句投句
 
第十回 2020年3月21日(第三土曜日)
・卒業式・句会
*三句投句
 
※8月と12月は休みです。
 
お問合せは、現代俳句協会事務局までお願いいたします。
電話:03−3839−8190
東京多摩地区 俳句研究会
9月 28 @ 1:00 PM
9月
29
平成31年度篠原鳳作忌俳句大会
9月 29 全日

於・鹿児島市 フラワーパークかごしま

第28回甲信地区現代俳句協会吟行会
9月 29 @ 11:30 AM

於・長野県麻績村 シェーンガルテンおみ
11:30投句締切

10月
1
東京都区 高田馬場句会「秋」
10月 1 @ 1:00 PM – 4:30 PM

会費:1000円(懇親会はありません)
場所:高田馬場駅南口F1ビル8階 新宿区高田馬場1-26-5
   (1階がドンキホーテのビル)
兼題:「菊枕」席題は当日掲示
句会内容:二句投句・互選六句
参加申込:宮川 夏(連絡先は会報PDFをご覧下さい)

都区のページはこちら

10月
5
現代俳句のつどい @ 現代俳句協会事務所
10月 5 @ 1:00 PM – 5:00 PM

当協会員による相互批評句会。
超結社で、講師は置かずに、闊達な意見交流をし俳句表現を追求しようという趣旨で、昭和58年に始められた。

司会 前田弘

場所 現代俳句協会事務所

開催予定 毎月第1土曜日(PM1:00~5:00)

第412回現代俳句のつどい (元年9・7)                       

パイプ椅子百脚片付けてをり晩夏   吉田香津代

秋の海バケツで汲んできてあげる   石山 正子

寝て起きて拾うポケットもう秋か   前田  弘

暗がりにカンナのひくい嗚咽聞く   楠見 惠子

月光に耳の老いたるピアノかな    岡田 一夫

もろこしを齧りたちまち少年期    劔物 剱二

落蟬やバラバラ事件とも言える    小湊こぎく

時給千円タイの子と梨をもぐ     秋谷 菊野

進駐軍がジープで来た背高泡立草   藤方さくら

監視カメラの誰(た)そ彼おかし夏の果て  普川  洋

青蜜柑落ちたところが悪かった    鍬守 裕子

満月に向かって飛ぶ一匹の蛾     中内 火星

古里は二十一文字夏終る       ダイゴ鉄哉

街中が殿様さわぎ秋刀魚祭      若林つる子

秋水に過去を流せる人柄ぞ      川名つぎお

秋口のうつろ日めくりカレンダー   杉本青三郎

10月
10
木曜教室 @ 現代俳句協会事務所
10月 10 @ 1:00 PM – 4:00 PM

講師 松井国央(山河俳句会代表顧問)

開催予定
 毎月第2木曜日 PM1:00~4:00(12:30までに投句)
 当協会員以外の方も参加できます。
 参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。

2019年9月作品

  じゃが芋が鈍器のように置かれあり 土屋秀夫

  花野へとポストに落す一行詩    加藤千子

  小さい秋小さい秋小さい病くり返す 小高沙羅

  涼新たがらんどうめく身に臓器   早坂澄子

  徒寝してひぐらしと居て生家なり  宮崎敦子

  まん月やおもしろく生きかるく死ぬ 平佐和子

  剥がしてはまた貼る付箋からすうり 久下晴美

  どんぐりやアルファベットの横並び 菱沼多美子

  酔芙蓉天上の風吹いて来る     穴原達治

  蟷螂や手術したげな若き医師    栗原かつ代

  真っ新な便器に触れる白露の日   鈴木砂紅

  首都高は月の入口遊泳す      徳山優子

  野菜高値南の海は台風畑      若林つる子

  天高く荒川渡る大西日       福島芳子

  木犀を従へ行くや上弦の月     北村まり緒

  ストローを立てもの言わぬもの愛す 松井国央

10月
12
第17回埼玉県現代俳句協会吟行俳句大会
10月 12 全日

於・さいたま市 大宮氷川神社他
句会:「歴史と民族の博物館」