インターネット句会

規約(マニュアル)をご承諾の上、ご利用ください。多くの句会が、協会員に限らずご参加いただけます。どうぞお気軽にご利用ください。
インターネット句会ログイン画面はこちらから
詳細はこちらをご覧下さい。

青年部【ゼロ句会】

49才以下の若手句会として、毎月第3土曜の午後・現代俳句協会事務所にて開催している【ゼロ句会】。 現代俳句協会青年部アンケート「俳句の未来の多様性のために、今、現代俳句協会ができること」の結果を受けてはじめました。 有季定型から無季破調まで、合評がフラットに飛び交う句会です。 協会員に限らずどうぞお気軽にご参加ください。

【日時】毎月第三土曜 13:30〜16:30 (投句締切は13:50です)
【場所】現代俳句協会事務所
【参加対象】49才以下の方
【出句】持ち寄り5句出し(当季雑詠)+席題若干句
【参加費】500円
【申込・問い合わせ】 要申込(定員20名、受付順) 

協会でのゼロ句会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防・拡散防止のため、当分の間休止します。
ゼロ句会は、オンライン句会となりました。
詳細は青年部ブログをご覧下さい。

研修通信俳句会

令和5年度 第29期研修通信俳句会
全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は、2023年4月か
ら第29期に入りました。

◎俳句会 通信(郵便)で隔月年6回
・投句/5句 選句/毎回10句互選
・講師(あいうえお順)
 衣川次郎(「青岬」主宰)
 佐藤文子(「信濃俳句通信」主宰)
・会報 毎回講師選評と互選結果掲載。
◎定員70名程度。先着順(2組に編成)
◎期間 令和5年4月から1年間(途中入会可能)
※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。
スタッフ:なつはづき、長谷川はるか、小髙沙羅、栗原かつ代、鈴木砂紅、久下晴美、利光知惠子、磯部薫子

研修通信俳句会  「第二十九期・第三回」

Aグループ互選高点句

鉦叩闇のすみずみほぐしゆく 山本 則男

一村の闇の底なる踊かな   亀谷 正恵

波を追ふ波も秋風孕みをり  弓場あす華

Bグループ互選高点句

太眉の一族揃ふ盆休み   古畑  和

空襲も宿題もない夏休み  吉岡 一三

鉦叩星を数えているらしき 鴫原さき子

佐藤 文子 講師特選句

Aグループ

鉦叩闇のすみずみほぐしゆく     山本 則男
 チンチンチンと鉦を叩くように鳴くところから〈鉦叩〉という名のついた秋の虫。体長は一センチにも満たないが、存在感がある。どことなく不安を感じる闇も虫の音が解してくれる。それも、〈ほぐしゆく〉と表現したところに時間の経過を感じる。

穴惑ひしてゐるうちに忘らるる    山本 則男
 夏の間、活動していた蛇も晩秋の頃、冬眠の準備に入る。不思議にも一匹だけではなく数匹が絡まって穴に入る。お彼岸が過ぎても穴に入らないものを穴惑いという。それは穴を探しているうちに置き去りになったのか、入りたくない意思が働いたのか。そのうちに仲間から忘れ去られてしまったのだ。発想の面白い句となった。

慟哭は無声八月十五日        大渕 久幸
 毎年巡って来る終戦記念日、いや敗戦記念日の八月十五日。今年は七十八年目を迎えた。あの戦争体験者、遺族も減少している。経験していなくとも、凄惨な事実を思うと、大声で泣きたくなる。声にならないほどの悲しさをしみじみ感じる八月十五日。

Bグループ

満月やボタンがふわりひとつ飛ぶ   わだようこ  
 楽しい句。夜空には黄色い大きな満月が輝いている。月にはうさぎがいるとか、私たちは幼い時から夢を膨らませて来た。この作者はお月さまは、洋服のボタンが飛んで行って、輝いていると言い切った。事実と思う人は誰も居ないだろうけれど、俳句の世界では十分に通じるのである。

終戦日青空だけが無傷なり      鴫原さき子
 終戦日を敗戦日という人たちもいる。戦争に負けた日だと断定するのである。どちらにしても、八月十五日をもって戦争は終わった。戦争は多数の犠牲者を出す。無傷なのは、あの青空だけだ。
 
己が毒回りて細る月夜茸       夢乃 彩音
 秋は茸の季節でもある。茸の多くは傘状をなし、傘の裏は多数の胞子が着床している。食用となるもの、有毒のものがある。平茸によく似た月夜茸は、暗いところで青白く光る。猛毒である。どの茸も時間が経つと、細くなってしまうが、月夜茸は、自分自身の毒が回って細くなってしまったのだという作者の独断が面白い。

衣川 次郎 講師特選句

Aグループ

一村の闇の底なる踊かな       亀谷 正恵     
 どこか先祖の霊が、踊っているような感覚となる。踊は過去と現在を結ぶことだ。まさに踊の原点である。

ピーマンの中の退屈見てしまふ    山本 則男
 あの空洞は、何なのだろう。それをピーマンの退屈であると。言われてみると合点がいく。その発想に驚きながら。

かわほりの夕空アトム来るような   山口 富雄
 昔、蝙蝠は夕空をよく飛び回っていたものだ。又、その頃テレビでは、鉄腕アトムが、正義のため空を飛び回っていた。この取り合わせによる意外な飛躍には、合点がいく。

Bグループ

城跡を馬鈴薯の花埋め尽くす     渡部  健   
 かつては、戦いのためにあった城。しかし、今はその城跡は、平和の象徴のごとくに、馬鈴薯の花で被いつくされている。そう考えるのは、深よみであろうか。

日をのせて平凡赦す今年米      木村 寛伸
 この猛暑と豪雨を乗り越えての今年米。今は日に輝いているが、平凡な出来だ。上五の入り方がよい。作者の気持ちも伝わってくる。

ダットサン錆びし草叢雲の峰     東  國人
 一世を風靡したダットサン。その姿は、時代の移り変わりをあらわす。雲の峰を眺めながら、自身の移り変わりを回顧しながら。

(長谷川はるか報)