インターネット句会

規約(マニュアル)をご承諾の上、ご利用ください。多くの句会が、協会員に限らずご参加いただけます。どうぞお気軽にご利用ください。
インターネット句会ログイン画面はこちらから
詳細はこちらをご覧下さい。

青年部【ゼロ句会】

49才以下の若手句会として、毎月第3土曜の午後・現代俳句協会事務所にて開催している【ゼロ句会】。 現代俳句協会青年部アンケート「俳句の未来の多様性のために、今、現代俳句協会ができること」の結果を受けてはじめました。 有季定型から無季破調まで、合評がフラットに飛び交う句会です。 協会員に限らずどうぞお気軽にご参加ください。

【日時】毎月第三土曜 13:30〜16:30 (投句締切は13:50です)
【場所】現代俳句協会事務所
【参加対象】49才以下の方
【出句】持ち寄り5句出し(当季雑詠)+席題若干句
【参加費】500円
【申込・問い合わせ】 要申込(定員20名、受付順) 

協会でのゼロ句会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防・拡散防止のため、当分の間休止します。
ゼロ句会は、オンライン句会となりました。
詳細は青年部ブログをご覧下さい。

研修通信俳句会

令和3年度(第27期)
全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は、令和3(2021)年4月から第27期に入りました。
◎俳句会 通信(郵便)で隔月、年6回
・投句毎回5句 選句毎回10句相互選
・講師
 成田一子(「滝」主宰)
 堀之内長一(「海原」編集長)
・会報 毎回講師選評と互選結果掲載。
◎協会員のみ 定員70名程度(2組に編成)
◎期間 令和3年4月から1年間
◎会費 一期7,200円
◎行事 講師・会員が一堂に会する「特別研修会」年一回。
※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。
スタッフ:なつはづき、長谷川はるか、小髙沙羅、栗原かつ代、鈴木砂紅、久下晴美、利光知惠子、植田いく子、磯部薫子

研修通信俳句会  「第二十七期・第四回」

Aグループ高点句
真砂女ほど一途になれず秋刀魚焼く 宮澤 雅子
アドレスへ朱線一本雁渡し     松本 敬子
良縁をまとめどさっと深谷葱    森 由美子

Bグループ高点句
心音は深秋のやう水のやう     西本 明未
かくれんぼする子も無くて稲架襖  中山 洋子
いつか読む本の増えをり秋黴雨   山﨑加津子
捨てられぬものに囲まれ秋惜しむ  荻野 樹美

堀之内 長一 講師特選句
Aグループ
瓶に飼う蟋蟀遁げてより真闇    吉岡 一三
 瓶の中の蟋蟀。子どもなら好奇心から、大人ならほんの出来心か。飼われたものは当然逃げ出す。そうして子どもは初めて闇の存在を知り、大人はこの闇が作られたものであることを知るだろう。本当は怖い蟋蟀の一句。
桑の実ってこれだったのねお母さん 森 由美子
 桑の実を初めて見たときの感動、思わず発した言葉がそのまま俳句になってしまった。亡き(と思う)母から聞いた桑の実にまつわる思い出がよみがえったのだ。究極の話し言葉でしかとらえられない一瞬の感慨である。
零余子摘む一回分に足らざりし   塚田佳都子
 空地や庭などで偶然見つけた零余子。野趣あふれるその味わいは俳人好みだ。一回分だから、恐らく零余子飯でも炊きたかったに違いない。「足らざりし」の大げさで荘重な響きに俳諧味が滲む。事実の力は強し。
Bグループ
椿の実カランと割れて飛行機雲   吉田 典子
 椿の実が割れることと飛行機雲が一直線に空を駆けていくことには何の関係もない。ないはずなのに椿の実が割れて飛行機雲が飛び出して来たように見えるのが楽しい。カランという擬音が二つのものを結びつけた。
稲妻や白一色のオセロ盤      藤色 葉菜
 省略を効かせて、不穏な映像が鮮やかに浮かび上がる。勝負の結果として白一色になることがあり得るのか知らないが、稲妻に照らされた白がまぶしく目に突き刺さる。取り合せの妙とモノのもつ力の魅力に溢れる句。
砂が砂を犯しゆく秋パンデミック  茂里 美絵
 ようやく小休止を迎えた感染拡大。パンデミックの無気味さをとらえて「砂が砂を」犯していくようだと喩えた鋭い感覚に驚嘆した。うまく説明できないけれどひしひしと伝わってくるもの。これも俳句の力と思う。

成田 一子 講師特選句
Aグループ
色変えぬ松こそ父の樹なりけり   鴫原さき子      
 きっぱりと言い切った無駄のない措辞に、厳格で一本気、といった父親像が見えて来る。「色変えぬ松」の印象は清々しさもあり、頑固だけでないお父様へのリスペクトも感じられる。一句の立ち姿が美しく視覚的にも魅力ある作品だ。
人の名は忘れ金木犀愛す      北上 正枝
 人の五感のうち「嗅覚」は最も記憶に直結する感覚だと言う。人の名前は忘れても金木犀の香りから呼び覚まされる思い出の数々は生涯消えることはないのだろう。おおらかなユーモアもほんのり感じられる。
すれ違う空気ぶつかる寒さかな   松本 敬子
 この「空気」も「寒さ」も実際のものというよりは、非常に感覚的なものなのだと思う。現代は、実際は目に見えぬ人と人との「分断」の断崖がそこかしこに存在しているように思う。掲句の「寒さ」はお互い交わることのない心の「寒さ」でもあるのだろう。
Bグループ
台風一過町道場の気合鋭し     石川 義倫
 やや不謹慎だが嵐や雷が来るとちょっとわくわくしてしまう類の人、というのが一定数存在する。実は私もその一人。なんだか体の内側にパワーが漲ってくる気がするのだ。台風に力を貰い、気合を入れて稽古に励む。窓から見える青空が一層彼らに力を与える。
新小豆くつくつ姉は午前様     藤色 葉菜
 どういった理由で午前様なのかは読み手様々に想像が広がるところだが、小豆を煮ている人物は朝帰りなどしない堅実な性格なのだろう。その人と姉との対比、また煮える小豆と午前様の取り合せがなんともユニーク。ちなみに小豆は体内の水分を排泄する作用もあり、二日酔いのむくみにも良いそうだ。
秋風の見ゆるところに暮しをり   山本 則男
 実際は目に見えないものを見ようとする、また耳に聴こえない声を聴こうとする、それは詩人の基本的な態度だとも言える。普通に生きていればふと見過ごしてしまうものでも秋風を見ようと能動的に働けば、世界は自らの力でもっともっと豊かになるに違いない。

(長谷川はるか報)

現代俳句のつどい

司会 杉本青三郎・中内火星(五十音順)
場所 現代俳句協会事務所
開催予定 毎月第1土曜日(PM1:00~5:00)
当協会員による相互批評句会。2022年1月7日時点では、2月からは対面句会で行う予定。

「現代俳句のつどい」は、昭和58年、当時の事業部長の田沼文雄氏から提案され、協会の話し合いを経て協会の看板句会として発足いたしました。超結社で、講師は置かず、闊達な意見交流をし、俳句表現を追求しようという趣旨の会です。通算で400回を超えました。参加ご希望の会員のかたはお問い合わせ下さい。

第437回 現代俳句のつどい(一月通信句会)
顔のない人が行き交う街師走       若林つる子
押印はせず昼火事を見にゆけり      秋谷 菊野
冬木の芽男に今も地平線         前田 弘
枯れたコントを街角で拾う        普川 洋
おしくらまんじゅうそして誰もいなくなる 石山 正子
冬の廊下に出されたままの手足      中内 火星
パスワード小春日和の掌に書きぬ     吉田香津代
八里半ふところにして街めぐる      鍬守 裕子
性別は空欄のまま聖樹の灯        相沢 幹代
ついと千鳥まさかまさかの九十九里    横須賀洋子
憂国忌右か左か同床異夢         藤方さくら
深深と音続きおり室の花         小湊こぎく
鳥も足二本おれに翼がない        川名つぎお
五人去り二人が増える去年今年      石川 夏山
蛇穴にその気になったら出ておいで    表  ひろ
いくばくか兆せし湯ざめ兜太論      劔物 劔二
大蛇飼う冬満月の水瓶座         ダイゴ鉄哉
尻並ぶ柚子湯に樋の音長し        大川 竜水
若人の夢と希望の日脚伸ぶ        湯本 直也
冬帽の中に置いてけぼりのわれ      杉本青三郎