青年部【ゼロ句会】

49才以下の若手句会として、毎月第3土曜の午後・現代俳句協会事務所にて開催している【ゼロ句会】。 現代俳句協会青年部アンケート「俳句の未来の多様性のために、今、現代俳句協会ができること」の結果を受けてはじめました。 有季定型から無季破調まで、合評がフラットに飛び交う句会です。 協会員に限らずどうぞお気軽にご参加ください。

【日時】毎月第三土曜 13:30〜16:30 (投句締切は13:50です)
【場所】現代俳句協会事務所
【参加対象】49才以下の方
【出句】持ち寄り5句出し(当季雑詠)+席題若干句
【参加費】500円
【申込・問い合わせ】 要申込(定員20名、受付順) 

協会でのゼロ句会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防・拡散防止のため、当分の間休止します。

ゼロ句会は、オンライン句会となりました。
詳細は青年部ブログをご覧下さい。

 

研修通信俳句会

令和元年度(第26期)
全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は、2019年9月から第26期に入りました。

◎俳句会 通信(郵便)で隔月、年6回
 ・投句 毎回5句
 ・選句 毎回10句相互選
 ・講師 伊藤 眠(神奈川県現代俳句協会幹事。横浜俳話会副会長)
     
大井 恒行 (「豈」編集人。年度作品賞選考委員)(五十音順)
 ・会報 毎回講師選評と互選結果掲載。
◎協会員のみ 定員100名程度(三組に編成)
◎期間 令和年9月から一年間(お申込みは毎年6月~7月末)
◎会費 一期7,200円
◎行事 講師・会員が一堂に会する「特別研修会」年一回。
※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。
スタッフ:宮崎斗士、長谷川はるか、小髙沙羅、栗原かつ代、鈴木砂紅、久下晴美、利光知惠子、植田いく子、芹沢愛子、磯部薫子

研修通信俳句会  「第二十六期・第三回」

Aグループ高点句

余白には余白の重さ日記果つ  越前春生

生みたてのたまごあります春灯し  鷺山珀眉

パレットに淋しさ解けば冬の虹  石井紀美子

Bグループ高点句

神棚も無き家なれど粥柱   次山和子

結び目に棲みついてゐる冬の風  山本則男

きっとある桜紅葉の非常口  前田光枝

大井 恒行 講師特選句

Aグループ

補聴器の拾ひし嫁が君の声  岡嶋澄子                    
 嫁が君とは、正月三ヶ日の鼠のこと。今年は、干支の先頭の子年である。大黒様のお使いが福をもたらすのだ。その声を補聴器が拾ったという妙味。

氷面鏡微かに産毛立ちてをり  西本明未
 氷面鏡は紐鏡に由来し、昔は儀式に使われ、紐が掛かっていた。氷も紐も解けるに掛かる。心の紐を解いたのだ。ならば、産毛は清らかで相応しいではないか。

腹這ひの子の手ひらひら大旦  森下睦子
 あ音の韻の繰り返しが、結語の大旦を呼び出している。腹這いの嬰(こ)の「手のひらひら」が嬰の身体全体の表情を表現していよう。めでたく幸せな元朝である。

Bグループ

面積の函数落葉の回転数  吉岡一三
 面積の函数が何であるかを知らないが、こうして句のなかに斡旋され、それが落葉の回転数だ、と言われると、そうに違いないと思う詩的現実が生まれる不思議。

出世双六休みばかりを仕る  平川靖子
 中国伝来の双六は、持統天皇の時代に禁止令が出されたという。官吏の間で流行し、事務が怠りがちになったからだ。出世双六で休みをたまわるのもイロニー。

枯木立ジャングルジムになってゆく  髙石まゆみ
 枯木立をジャングルジムに見立てたのだ。金属製のものと違って、葉を落とし、裸木、枯木になっても、木には温もりが残っていよう。登ってみようかしらん。

伊藤 眠 講師特選句

Aグループ

余白には余白の重さ日記果つ  越前春生      
 日記に書いていない事々がその人の人生の幅を形作っている。小説では行間を読むというが日記こそ行間に思いを致すべきなのだろう。「日記果つ」に一年を終えた安堵がある。

免許返納六腑に沁みる年の酒  秋山貞彦
 免許返納が推奨される現代故の感慨。運転をやめた寂しさと酒が飲める安心感が「六腑に沁みる」で表現された。「新走」などを用いたら台無しになるところを「年の酒」で上手く納めた。

窯変の起りつつあり寒昴  鴫原さき子
 陶磁器に使う「窯変」という特殊な言葉を用いて「寒昴」を表現された手腕に驚いた。たしかにあの蒼い光からは窯変が想起される。昔の人は窯変した茶碗の中に宇宙を見たのだが、これは反対。

Bグループ

糸杉のうねりに飲まるゴッホ展  次山和子
ゴッホ作品に描かれた渦はカルマン渦というらしい。見ていると目が回るが、それを「うねりに飲まる」と表現された。自身が作品世界に引きずり込まれてしまうかのような恍惚感がある。

寒の水少し君より長生きす  髙石まゆみ
短歌的発想を「寒の水」で引締めて俳句作品に着地させたことを評価したい。中七を「君より少し」とすると「長生きす」がより生きてくると思う。

神棚も無き家なれど粥柱  次山和子
日本人の宗教観が顕われた一句。神様を祀るわけではないが昔ながらの「粥柱」の慣わしは踏襲しているという。俳句ではあまり使われない「なれど」という文語の接続詞がよく働いている。

(長谷川はるか報)

現代俳句のつどい

司会 前田弘
場所 現代俳句協会事務所
開催予定 毎月第1土曜日(PM1:00~5:00)
当協会員による相互批評句会。

「現代俳句のつどい」は、昭和58年、当時の事業部長の田沼文雄氏から提案され、協会の話し合いを経て協会の看板句会として発足いたしました。超結社で、講師は置かず、闊達な意見交流をし、俳句表現を追求しようという趣旨の会です。通算で400回を超えています。

現代俳句のつどいは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防・拡散防止のため当分の間、休止します。