インターネット句会

規約(マニュアル)をご承諾の上、ご利用ください。多くの句会が、協会員に限らずご参加いただけます。どうぞお気軽にご利用ください。
インターネット句会ログイン画面はこちらから
詳細はこちらをご覧下さい。

 

青年部【ゼロ句会】

49才以下の若手句会として、毎月第3土曜の午後・現代俳句協会事務所にて開催している【ゼロ句会】。 現代俳句協会青年部アンケート「俳句の未来の多様性のために、今、現代俳句協会ができること」の結果を受けてはじめました。 有季定型から無季破調まで、合評がフラットに飛び交う句会です。 協会員に限らずどうぞお気軽にご参加ください。

【日時】毎月第三土曜 13:30〜16:30 (投句締切は13:50です)
【場所】現代俳句協会事務所
【参加対象】49才以下の方
【出句】持ち寄り5句出し(当季雑詠)+席題若干句
【参加費】500円
【申込・問い合わせ】 要申込(定員20名、受付順) 

協会でのゼロ句会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防・拡散防止のため、当分の間休止します。
ゼロ句会は、オンライン句会となりました。
詳細は青年部ブログをご覧下さい。

研修通信俳句会

令和3年度(第27期)
全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は、2021年4月から第27期に入りました。
◎俳句会 通信(郵便)で隔月、年6回
・投句毎回5句 選句毎回10句相互選
・講師
 成田一子(「滝」主宰)
 堀之内長一(「海原」編集長)
・会報 毎回講師選評と互選結果掲載。
◎協会員のみ 定員70名程度(2組に編成)
◎期間 令和3年4月から1年間
◎会費 一期7,200円
◎行事 講師・会員が一堂に会する「特別研修会」年一回。
※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。
スタッフ:なつはづき、長谷川はるか、小髙沙羅、栗原かつ代、鈴木砂紅、久下晴美、利光知惠子、植田いく子、磯部薫子

研修通信俳句会  「第二十七期・第一回」

Aグループ高点句
亀鳴くやマッチの箱に真砂女の句 宮澤 雅子
鳥曇海に還れぬ水のあり     矢野 二十四
涅槃西風ぐいぐい締まる血圧計  森 由美子

Bグループ高点句
鳥曇たたんで小さき世界地図   山﨑 加津子
明日のこと疑いもせず種を蒔く  髙石 まゆみ
鳥曇都心に深さある真昼     西本 明未

堀之内 長一 講師特選句
Aグループ
鳥ぐもり男投網を打ち上げる   勝又 千惠子                                   
 鳥曇のもと、投網で漁をする男。川でも海でもいい。なりわいとしての漁であろう。鳥たちは太古より空を行き交い、男は毎日投網を打つ。鳥曇はなかなか難しい季語だが、単なる取り合せを超えて普遍的な映像となった。
見えていて遠き人なり鳥曇    宮澤 雅子
 見えなくても、鳥曇という言葉の中を鳥は羽ばたいている。見えるけれども触ることも抱きしめることもできない。まるでモニターに映る人を見ているようだ。深読みかも知れないが、コロナ禍の心理状態を描いて上手。
涅槃西風ぐいぐい締まる血圧計  森 由美子
 家庭でも病院でも、血圧計は今や現代人の必需品。あのぐいぐい絞まってくる独特の感覚、そのあとのふっと緩むリリース感。涅槃西風がその字面も含めてユーモラスな効果を上げている。日常の些事が詩になる瞬間だ。
Bグループ
諸葛菜酸味の効かぬ家族かな   吉田 典子
 典型的な取り合せの句。酸味だから、この団欒をさらに味わい深くするような、少々の刺激が欲しいのだ。「酸味の効かぬ」が多様な読みを誘う。諸葛菜はどこにでも咲く生活の花なので、句の内容にもぴったりである。
尺蠖の時間の外へ食み出しぬ   山本 則男
 尺蠖といえば、あの独特の前進運動、いや全身運動が浮かぶ。枝から落ちても本能のまま前進すれば、時間の外へ食み出すのもむべなるかな。「時間の外」にあるのは永遠か無か。尺蠖の本質をウイットでつかんだ。
三・一一指紋のように小石たち  茂里 美絵
 東日本大震災から十年。あの時も、そして今も、詠み続けられている。句の良し悪しよりも、詠み続ける心が大事と思う。無力を噛みしめることも。小石が指紋のようだという。小さな小さな人間が静かに転がっている。

成田 一子 講師特選句
Aグループ
眠たい河馬ふらっとやってくる春日 細野 一敏      
 『眠たい河馬』というタイトルの句集があったら思わず手に取ってしまいそう。この河馬は人物の例えとも、実物の河馬とも、作者の見た幻とも、様々に解釈可能。いずれにしてものどかな春の気分が一句から溢れる。
鳥曇りパントマイムという叙情   北上 正枝
 「叙情」を英語で表すと「リリカル」。リラを弾きながら感情を流れるように歌うことを語源とする。パントマイムのしなやかな手の動きに音楽を見たのだろう。「叙情」と言い止めた意外性と的確さ。
鳥雲に旅に出るごと入院す     越前 春生
 覚悟を決めての入院ともとれるが、今日的に「旅」というともっと身軽な印象。掲句、日常を離れてのつかの間リフレッシュの感じもなくはない。「鳥雲に」の季語に含み。
Bグループ
いちにちの空のはじまり花水木   鷺山 珀眉
 庭木として近頃最も人気の高い花水木。桜の散った後の街の空に彩りを添える。深呼吸するようにさりげなく詠まれた一句。平易なことば使い、句の姿もすっきりと内容に叶っている。
菜の花にマヨネーズやら醤油やら  坂本 君江
 ほろ苦さにおいしさのある菜の花だが、子どもを中心に苦手と感じる人も。「やら」「やら」の繰り返しがユーモラス。調味料のあまた並ぶにぎやかな食卓も見えてくるようだ。
春泥ひらりシスターがパン買いに来た 長谷川 順子
 ベールを揺らして春泥をかわすシスターの躍動感、「パン買いに来た」の口語による素直な驚き。何気ない作りでありながら、結果的に映像的にも措辞にも隙のないかたちになった。

(長谷川はるか報)

現代俳句のつどい

司会 杉本青三郎・中内火星(五十音順)
場所 現代俳句協会事務所
開催予定 毎月第1土曜日(PM1:00~5:00)
当協会員による相互批評句会。通信俳句会で行っています。

「現代俳句のつどい」は、昭和58年、当時の事業部長の田沼文雄氏から提案され、協会の話し合いを経て協会の看板句会として発足いたしました。超結社で、講師は置かず、闊達な意見交流をし、俳句表現を追求しようという趣旨の会です。通算で400回を超えました。参加ご希望の会員のかたはお問い合わせ下さい。

第432回現代俳句のつどい 句会報 (8月通信句会)

スケッチの度に熟れゆく桃ひとつ     表  ひろ

大切なことは言わないソーダ水      秋谷 菊野

我という他人と暮らす夏の夜       石川 夏山

手頃な人待つ夕暮の釣忍         小湊こぎく

鉄線花からんでみたい人がいる      鍬守 裕子

蛍火に濡れた指から嫁に行く       岡田 一夫

戒名が油断している銀河べり       前田 弘

属性を嫌い暁闇を走った         川名つぎお

八月に生まれて生きてさようなら     劔物 劔二

傘雨忌の鉛筆が好き紙が好き       相沢 幹代

これ以上裂けぬジーンズ街薄暑      吉田香津代

邂逅のはにかみの色合歓の花       杉本青三郎

五輪来て台本に無いモノローグ      藤方さくら

炎天や鬼が色目を使うとき        大川 竜水

若者の知らぬシャンソン巴里祭      若林つる子

割り箸の片方になる半夏生        ダイゴ鉄哉

郭公郭公おはようと言う凡夫       石山 正子

テレワーク都忘れが窓に咲く       普川  洋

サイダーを飲み干してからのワクチンだ  湯本 直也

八月や平和も不安と呟く         横須賀洋子

宵宮やあんがい近い黄泉の国       中内 火星