インターネット句会

規約(マニュアル)をご承諾の上、ご利用ください。多くの句会が、協会員に限らずご参加いただけます。どうぞお気軽にご利用ください。
インターネット句会ログイン画面はこちらから
詳細はこちらをご覧下さい。

青年部【ゼロ句会】

49才以下の若手句会として、毎月第3土曜の午後・現代俳句協会事務所にて開催している【ゼロ句会】。 現代俳句協会青年部アンケート「俳句の未来の多様性のために、今、現代俳句協会ができること」の結果を受けてはじめました。 有季定型から無季破調まで、合評がフラットに飛び交う句会です。 協会員に限らずどうぞお気軽にご参加ください。

【日時】毎月第三土曜 13:30〜16:30 (投句締切は13:50です)
【場所】現代俳句協会事務所
【参加対象】49才以下の方
【出句】持ち寄り5句出し(当季雑詠)+席題若干句
【参加費】500円
【申込・問い合わせ】 要申込(定員20名、受付順) 

協会でのゼロ句会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防・拡散防止のため、当分の間休止します。
ゼロ句会は、オンライン句会となりました。
詳細は青年部ブログをご覧下さい。

研修通信俳句会

令和4年度 第28期研修通信俳句会
全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は、2022年4月から第28期に入りました。
◎俳句会 通信(郵便)で隔月年6回
・投句/5句 選句/毎回10句互選
・講師(あいうえお順)
 鈴木牛後(第64回角川俳句賞受賞)
 羽村美和子(「ペガサス」代表)
・会報 毎回講師選評と互選結果掲載。
◎定員70名程度。先着順(2組に編成)
◎期間 令和4年4月から1年間
※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。
スタッフ:なつはづき、長谷川はるか、小髙沙羅、栗原かつ代、鈴木砂紅、久下晴美、利光知惠子、植田いく子、磯部薫子

研修通信俳句会  「第二十八期・第二回」

Aグループ高点句

蝿取リボン垂らして語る平和とは  珠凪夕波

聞き流す小言ことこと蕗を炊く     藤色葉菜

山百合のかおり柩の小窓より    飛鳥遊子

校庭の夕焼回し逆上がり      吉田典子

梅雨晴れ間逆引き辞典のような妻  石川義倫

十薬のほめられもせず花盛     福島靖子

Bグループ高点句

逆さまに絵本見る子の端居かな   吉良香織

夜な夜なの闇もち上げる牛蛙    鷺山珀眉

母の日のまるで問診子のメール   梅井玲子

片陰や過去の私と擦れ違う     鴫原さき子

さくらんぼ一人で帰る転校生    西本明未

地下足袋がひよいと越えたる雲の峰 沼尻世江子

羽村美和子 講師特選句

Aグループ

田水張る父祖伝来の逆さ富士     勝又千惠子
 田に水を入れる。水が一面に張ると、そこには逆さ富士が映る。それを動画で見ているような感覚がある。また〈父祖伝来の逆さ富士〉の措辞に、その土地や農業に対する揺るぎない誇りが感じられる。壮大で美しい句。
                                       
青簾逆光の源氏物語         吉田典子
 〈青簾〉からの面白い発想。〈逆光の〉ということは、作者は屋外から中を見ているということだ。『源氏物語』にはいろいろな場面があるが、現代生活にも同じく愛も苦悩もある。その普遍性を〈逆光の〉簾越しに見たという作者の寓意に感心する。

母の日の母の辛口カレーかな     田中明美
 母の味というような句はよく見るが、掲句は〈母の辛口カレー〉。上から読んでいくと〈母の辛口〉が強調され、〈母の〉厳しい一言も入っている感じだ。〈辛口〉は何よりも有難い。父母子の句は、個人的な感じが強く甘くなりがちだが、掲句は巧く制御されている。

Bグループ

嵯峨日記三行目より青柿落つ     鷺山珀眉
 『嵯峨日記』は、芭蕉が去来の別荘・落柿舎に滞在して書いた日記である。その背景を知って作ったと思われるが、理屈っぽく捉えて読むと面白さがなくなる。早くも<三行目より青柿落つ>。喩として読むと、芭蕉の吐息も聞こえて面白い

ひとり旅ときには朱夏も逆巻くか   茂里美絵
 <ひとり旅>少々曰くがありそうだ。でも<ときには朱夏も逆巻くか>も知れない。この<朱夏も逆巻く>の措辞が巧みだ。アバンチュールでも何でも心ゆくまでお楽しみあれ。

麦の風焦土にいのち軋ませて     田中 充
 <麦の風>から遥かな国へ思いを馳せる。おそらくウクライナであろう。<焦土にいのち軋ませて>の巧みな措辞が、切なさを掻き立てる。争いが生むのは哀しみしかない。

鈴木牛後 講師特選句

Aグループ

逆光を負い来る漢大西日       森 由美子      
 西日を背にひとりの男が歩いて来る。逆光で男の表情は窺うことができないが、一日の厳しい労働を終え、その満足感に浸っているように見える。「逆光」という措辞が、順風満帆ではなかった男の来歴を暗示し、その人生を「負い来る」男の鋼のような精神をも思わせる。

蚊帳吊草蚊帳から話始めたり     勝又千惠子
 蚊帳吊草という和名は、茎を裂いて広げると蚊帳を吊ったような形になるところから名づけられたという。語り手は子どもにこの話をしたのだろう。すると「蚊帳って何?」と聞かれたのだ。それで、「そもそも蚊帳というのは」と、ひとしきり昔話を聞かせることになってしまった。何気ない会話を俳諧味豊かに仕上げた一句。

青梅雨や逆さに撫でる猫の背な    井手ひとみ
 猫の毛は頭の方から尻へ向けて流れるように生えている。その流れに沿って撫でてやれば、撫でる人間も気持ちがよいし、撫でられる猫もゆったりと身を任せる。それに対し、尻から頭の方へと撫でてみれば、猫の毛は思ったより硬く、決して快い手触りとは言えない。そのざらりとした感触が青梅雨の鬱屈に通じている。

Bグループ

体内の水たっぷりと夏はじめ     山﨑加津子
 人間の身体は六十パーセントは水だという話を聞くが、本当だろうかと思ってしまう。身体の表面はあらかた乾いていて、ちっとも水っぽくないからだ。しかしもしそのことを実感できるとすれば、夏のはじめしかないだろう。長く鬱陶しい梅雨を目前に控えて、身体の中の水がいっせいに自己主張を始めてしまいそうだ。

片陰や過去の私と擦れ違う      鴫原さき子
 炎天下を歩いていて、ちょっとほっとできるのが片陰に入ったとき。気温は変わらなくても、直射日光を浴びないだけでずいぶんと楽に感じる。そんなふと緊張が緩んだ瞬間、「過去の私」が向こうからやってきた。ほんとうは会いたくなかった「過去の私」だが、その涼やかな顔を見て、改めて親しみを感じたのではないか。

踏切りの脇の交番かぎろへり     沼尻世江子
 踏切は線路と道路が交差する「辻」のような場所。交番は日常と非日常が交錯するところ。ここでは、その二者が隣り合って存在している。このような場所では、何気なく通り過ぎているつもりでも自然と身構えてしまったりするものだ。そして振り返ってみれば、踏切も交番も異世界に絡め取られたように陽炎に揺らめいている。

(長谷川はるか報)

研修通信俳句会 「第二十八期・第一回」

Aグループ高点句

まっすぐに杉まっすぐに春の雨   田中明美

マーラーの響を連れて流氷来    平川靖子

引つ張つてみれば大きな虹である  山本則男

青葉木菟ルソーの森に低く飛ぶ   次山和子

Bグループ高点句

満開の桜を残し閉校す       武田稲子

交番をそっと覗きし一年生     梅井玲子

点滴のひとつぶごとに蝶よぎる   茂里美絵

葉桜となりて静まる心かな     夢乃彩音

羽村美和子 講師特選句

Aグループ

げんげ田にうつ伏に寝る深海魚  吉岡一三
 紅紫色と緑の絨毯のような〈げんげ田〉。心が高揚し、飛び込むようにして倒れ込む。視界は若草の匂いと共に〈げんげ〉の海。気分は〈深海魚〉。少々誇張的とも思える〈深海魚〉により、景や心情が立体的となり広がりが出た。
                                       
引っ張ってみれば大きな虹である 山本則男
 掲句の良さは何を〈引っ張っ〉たのか書かれていないところにある。例えばカーテンだの枝だの、書けば説明的になる。書かなかったことにより〈大きな虹〉をまるで〈引っ張〉り出したかのような、不思議な詩的空間が出来上がった。

本当の戦争テレビに春灯下    中山洋子
 連日報道されるウクライナ侵攻。映像は映画のワンシーンではないのだ。それを〈本当の戦争〉と飾らずに書いた良さ。どことなく華やぐ〈春灯下〉に、安全な場所で見ている者の違和感を巧く語らせている。

Bグループ

花一匁境界線は動かざる      木村寛伸
 楽しげな童歌をまず響かせておき、中七下五で切りかえす巧みさ。両方が強調され効果的である。最後を<ざる>と連体形にしたところに余韻も出た。<境界線>は、今はウクライナを思ってしまうが、そうでなくても読める幅がある。

点滴のひとつぶごとに蝶よぎる   茂里美絵
 大病をなさったのだろうか。ベッドに横たわり<点滴>注射を受ける、その時間の長さ。薬液がゆらゆらしてぽとりと落ちる。それを<蝶よぎる>と表現された詩的感性に感動する。象徴性をもったメタファーの<蝶>が効果的。

敢へて聞く主婦の座どつち二輪草  岡嶋澄子
 やや言い過ぎ感はあるものの、思わずくすりとさせる誹諧味のある句。<二輪草>は名前のとおり茎の上に二輪の花を付ける。それにジェンダー問題を絡めている。<敢へて聞く>の、居直ったような措辞もこの場合は良いのではと思う。

鈴木牛後 講師特選句

Aグループ

寒風や木に木喰い込むこの急登   石川義倫      
 木と木が絡み合い、食い込み合っているのを見ると、とても苦しそうに見える。結句に「この急登」とあるから登山中だろうか。寒風吹きすさぶ中、息を荒くして登る険しい山道の緊迫感がひしひしと伝わってくる。

遠き日の話しの漏るる青すだれ   山本則男
 青すだれの陰から誰かの話し声が聞こえる。どこかで聞いたことがあるような声だ。そうあの日の、たとえば聞くともなく聞いてしまった父母の秘密の会話。「青すだれ」という舞台装置をきっかけに、記憶の蓋がふいに外れた一瞬を捉えた。

ががんぼの記憶をなくす脚がある  山本則男
 ががんぼというのは不思議な昆虫だ。蚊の親分のような顔をしていながら、人を刺すわけでもなく、か細いからだとそこらに漂わせている。もちろん脚も頼りなく、触れればかんたんに取れそうだ。語り手が記憶を失くしてしまうかのように。

Bグループ

春夕焼戦禍の嗚咽かも知れぬ    木村寛伸
 遠い外国の戦禍だが、私たちのありようは否応無しに影響を受けている。そんなある日に見た春夕焼。じわじわと空が赤く染まっていく。本来美しさだけを感じればよいはずの春夕焼に、戦場から溢れてくる嗚咽を思ってしまう哀しさ。

点滴のひとつぶごとに蝶よぎる   茂里美絵
 語り手は病床で点滴をじっと見つめている。正確にリズムを刻んで落ちていく点滴を見ているうちに、すっと非現実の世界に引き込まれていくような心持ちになったのだろう。そこに現れた心象風景としての蝶は、語り手の希望の象徴かもしれない。

緋牡丹やたまたま鋏持っている    宮原光女
 不思議な味わいがある一句。なぜ語り手が鋏を持っているのかは明かされず、緋牡丹を前に手にしている鋏だけに焦点が当たる。この鋏は次の瞬間、緋牡丹を剪るのか剪らないのか。その緊張感を緋牡丹の真紅が引き立てている。

(長谷川はるか報)

現代俳句のつどい

司会 杉本青三郎・中内火星(五十音順)
場所 4月からは現代俳句協会事務局近くの3331で行っています
開催予定 毎月第1土曜日(PM1:00~5:00)
当協会員による相互批評句会

「現代俳句のつどい」は、昭和58年、当時の事業部長の田沼文雄氏から提案され、協会の話し合いを経て協会の看板句会として発足いたしました。超結社で、講師は置かず、闊達な意見交流をし、俳句表現を追求しようという趣旨の会です。通算で400回を超えました。参加ご希望の会員のかたはお問い合わせ下さい。

第四三九回 現代俳句のつどい (三月五日)
再開の知らせさらりと雪柳     秋谷 菊野
ふぞろひの色鉛筆やねぎの花    坂川 花蓮
仏の座ここからゼロが始まる    前田 光枝
後期高齢人類愛とシャボン玉    石山 正子
左利きの内裏雛の左側       相沢 幹代
湘南の海に散骨建国日       藤方さくら
戦争はいやだ 二二六の雪化粧   湯本 直也
ふくらはぎ揉む癖がつき寒明ける  前田 弘
鼻骨と尾骨ひそひそと春の闇    川名つぎお
冬ざれの言語野を行くノマドわれ  石川 夏山
屈託の体温うつす土鈴雛      若林つる子
カバとサイそれぞれにある春情   中内 火星