インターネット句会

規約(マニュアル)をご承諾の上、ご利用ください。多くの句会が、協会員に限らずご参加いただけます。どうぞお気軽にご利用ください。
インターネット句会ログイン画面はこちらから
詳細はこちらをご覧下さい。

青年部【ゼロ句会】

49才以下の若手句会として、毎月第3土曜の午後・現代俳句協会事務所にて開催している【ゼロ句会】。 現代俳句協会青年部アンケート「俳句の未来の多様性のために、今、現代俳句協会ができること」の結果を受けてはじめました。 有季定型から無季破調まで、合評がフラットに飛び交う句会です。 協会員に限らずどうぞお気軽にご参加ください。

【日時】毎月第三土曜 13:30〜16:30 (投句締切は13:50です)
【場所】現代俳句協会事務所
【参加対象】49才以下の方
【出句】持ち寄り5句出し(当季雑詠)+席題若干句
【参加費】500円
【申込・問い合わせ】 要申込(定員20名、受付順) 

協会でのゼロ句会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防・拡散防止のため、当分の間休止します。
ゼロ句会は、オンライン句会となりました。
詳細は青年部ブログをご覧下さい。

研修通信俳句会 休んでいましたが、第26期5回から再開いたしました

令和元年度(第26期)
全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は、2019年9月から第26期に入りました。
◎俳句会 通信(郵便)で隔月、年6回
・投句毎回5句 選句毎回10句相互選
・講師
伊藤 眠(神奈川県現代俳句協会幹事。横浜俳話会副会長)
大井 恒行(「豈」編集人。年度作品賞選考委員)(五十音順)
・会報 毎回講師選評と互選結果掲載。
◎協会員のみ 定員100名程度(三組に編成)
◎期間 (2021年4月から第27期に入ります)
◎会費 一期7,200円
◎行事 講師・会員が一堂に会する「特別研修会」年一回。
※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。
スタッフ:宮崎斗士、長谷川はるか、小髙沙羅、栗原かつ代、鈴木砂紅、久下晴美、利光知惠子、植田いく子、芹沢愛子、磯部薫子

研修通信俳句会  「第二十六期・第六回」

Aグループ高点句
さしあたり死なぬつもりの玉子酒  越前春生
天高し更地に残る蛇口かな     梅井玲子
冬瓜の転がるたびに進む過疎    鴫原さき子
小春日や詩集一冊分の旅      石井紀美子
Bグループ高点句
十三夜乳房あること思い出す    髙石まゆみ
不覚にも指から老いる雪をんな   山本則男
聴診器冷たし言葉やはらかし    村山恭子

大井 恒行 講師特選句
Aグループ
小鳥来る外へ向きたる一人席   梅井玲子
 カフェかレストランの窓側の席。秋、小鳥が渡ってくると、大空に、まるで小鳥の群れが湧いて出たかのようです。その鳥の群れと一人席との対比が鮮やか。
出漁の迫る漁港や冬昴      飛田伸夫
 出漁の準備で慌ただしい漁港、空には漁の季節を告げる昴星。夜の海の水平線への視線、天空との対比、その光景のなかに、人の営みまでが伺えます。
立冬の動くキリンの黒い舌    荻野樹美
 立冬は冬の始まり。冬の色は玄、つまり黒です。そのインスピレーションが、キリンの舌の黒さとの取り合せを生んでいます。さて、キリンの舌が黒いのはなぜでしょう?
Bグループ
フランスパン前かごに入れ街小春 平佐和子
 小春は陰暦十月の異称、新暦では、ほぼ十一月。自転車の前かごに入れられたフランスパン。陽射しは弱いものの暖かく晴れた街、現代ならではの光景。楽しげな気分がある。
両の手を器にもらう冬苺     宮澤雅子
 歳時記でいう「冬苺」は、山地に生える野生のもので、赤く熟すと食べられる。珍しくて貴重な実だから、両手で大事に受けて頂いているのだ。
新北風(ミーニシ)や少女は眉を剃り初む おぎ洋子
ミーニシとは、十月頃に吹き始める季節風。暑さも和らぎ、過ごしやすい沖縄の秋が始まる。琉歌の主人公は幼い少女だ。初めて眉を剃る日の引き締まった感触もある。

伊藤 眠 講師特選句
Aグループ
バイク音残して帰る夜学の子   東 國人      
 バイク音を響かせて帰宅する学生。夜学は昔も今も楽なことではないが、バイク通学であるところが現代的で少し救われる。夜学の教師や親御さんの温かな想いが伝わってくる。
冬ぬくしいつも当たらぬ占ひ師  村木ノブヒロ
 一番は必ず当たる人だが二番目に良いとされるのは「いつも当たらぬ占ひ師」だと聞く。悪いことも当たらないので安心できる。「冬ぬくし」で客の安堵感を巧く包むことに成功した。
梨食めば梨の音して一人なる   梅井玲子
 「薔薇の木に 薔薇の花咲く 何ごとの不思議なけれど」の観がありそれを孤独に繋げたのはお手柄。図らずも哲学的になった時間に梨の音だけが流れ孤独感を深めた。
Bグループ
母はもう夜汽車となりし大枯野  平佐和子
 「夜汽車となりし」の解釈が難しい。『銀河鉄道の夜』を想うが、ここは亡くなられた母上への思慕ととりたい。大枯野の上に広がる星空を夜汽車が渡ってゆくイメージは壮大で且つ酷く寂しい。   
行先は言はぬ慣はし茸採り    平川靖子
 松茸や舞茸等は毎年同じ所に出てくるが、親子でも死の間際まで場所を教えないという。それだけ価値の高い宝である事を上手に表現された。中七の厳しさが全体を引き締めている。
冬晴や足下にある活断層     山﨑加津子
 日本中何処へ行っても地震の恐怖からは逃れられない。穏やかな冬晴の日も目に見えぬ地殻変動は続いているという警鐘か。感情を排除した表現が輪郭の美しい句姿をもたらした。
(長谷川はるか報)

現代俳句のつどい

司会 杉本青三郎・中内火星(五十音順)
場所 現代俳句協会事務所
開催予定 毎月第1土曜日(PM1:00~5:00)
当協会員による相互批評句会。418回から通信俳句会、5月から現代俳句協会での句会になる見込みです。

「現代俳句のつどい」は、昭和58年、当時の事業部長の田沼文雄氏から提案され、協会の話し合いを経て協会の看板句会として発足いたしました。超結社で、講師は置かず、闊達な意見交流をし、俳句表現を追求しようという趣旨の会です。通算で400回を超えました。参加ご希望の会員のかたはお問い合わせ下さい。

第427回現代俳句のつどい (3月通信句会) 

近付くと止む木の芽時のくすくす    杉本青三郎

方針はないけど石鹸玉である      中内火星

黙食の春はことさらもの言う眼     横須賀洋子

針千本飲んで余生の陽炎える      前田 弘

液体のやうに人ゐるさくらかな     岡田一夫

朧夜の散歩あの世のいい匂い      普川 洋

春月に触れ手のひらにやけど      吉田香津代

春浅き昼は自分に深入りす       若林つる子

立春大吉そろそろ鍋でも磨こうか    表 ひろ

「葬式の早割りします」涅槃西風    藤方さくら

修正液欲し令和三年春         石山正子

滑舌のラ行磨いて鳥雲に        相沢幹代       

リモートはいらないらしい猫の恋    湯本 也

尾骨ほどの軒先もなし無燕都市     川名つぎお

春浅し記憶を川に流す音        石川夏山

わづかばかり還付金出る蜆汁      劔物劔二

刃物とぐ露店離れぬ犬ふぐり      小湊こぎく

季が移り雀隠れに鍵埋める       鍬守裕子

初蝶やこの世に航跡残すため      ダイゴ鉄哉

枇杷の花未完のままの三千歩      大川竜水

スティホームのお尻からひこばえ    秋谷菊野