インターネット句会

インターネット句会を一般公開いたしました。
規約(マニュアル)をご承諾の上、ご利用ください。ほとんどの句会は、協会員に限らずご参加いただけます。どうぞお気軽にご利用ください。

青年部【ゼロ句会】

49才以下の若手句会として、毎月第3土曜の午後・現代俳句協会事務所にて開催している【ゼロ句会】。 現代俳句協会青年部アンケート「俳句の未来の多様性のために、今、現代俳句協会ができること」の結果を受けてはじめました。 有季定型から無季破調まで、合評がフラットに飛び交う句会です。 協会員に限らずどうぞお気軽にご参加ください。

【日時】毎月第三土曜 13:30〜16:30 (投句締切は13:50です)
【場所】現代俳句協会事務所
【参加対象】49才以下の方
【出句】持ち寄り5句出し(当季雑詠)+席題若干句
【参加費】500円
【申込・問い合わせ】 要申込(定員20名、受付順) 

協会でのゼロ句会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防・拡散防止のため、当分の間休止します。

ゼロ句会は、オンライン句会となりました。
詳細は青年部ブログをご覧下さい。

 

研修通信俳句会 第26期4回まで終わったところで休会中

令和元年度(第26期)
全国の熱心な会員の作品交流の場として好評の「研修通信俳句会」は、2019年9月から第26期に入りました。

◎俳句会 通信(郵便)で隔月、年6回
 ・投句 毎回5句
 ・選句 毎回10句相互選
 ・講師
伊藤 眠(神奈川県現代俳句協会幹事。横浜俳話会副会長)
大井 恒行(「豈」編集人。年度作品賞選考委員)(五十音順)
 ・会報 毎回講師選評と互選結果掲載。
◎協会員のみ 定員100名程度(三組に編成)
◎期間 令和年9月から一年間(来期の募集は未定です)
◎会費 一期7,200円
◎行事 講師・会員が一堂に会する「特別研修会」年一回。
※添削指導はありません。互選による通信形式の句会となります。
スタッフ:宮崎斗士、長谷川はるか、小髙沙羅、栗原かつ代、鈴木砂紅、久下晴美、利光知惠子、植田いく子、芹沢愛子、磯部薫子

研修通信俳句会  「第二十六期・第四回」

Aグループ高点句

よく笑ふ人来てよき日桃の花  越前春生

菜の花の中に廃炉の建屋かな  小泉 信

追伸にはじまる本音春の雪  河合秀美

Bグループ高点句

くるぶしのあたりで春を待つてゐる 山本則男

売られゆく牛を離れず春の蠅  池田紀子

一日の釦をはずす春の宵  おぎ洋子

大井 恒行 講師特選句

Aグループ

春の空右往左往を辞書に引き  岡嶋澄子
 辞書で「右往左往」を引くと「秩序なくあちらへ行ったりこちらへ行ったりすること。混乱の状態などにいう」とある。パンデミックなコロナウイルスのよう。

風光る子らの視線は新教師  栗山美津子
 春の陽光、そよ風が吹く。子どもたちの純真さと興味がもたらす目の輝き。視線と新教師の「し」の韻を踏んだところが効果的だ。

右も左もマスク天皇誕生日  東 國人
 ちょっと深読してみよう。右翼も左翼もみんなマスクしちゃって失礼じゃないの!不敬? 天皇誕生日を祝うにも、まずは感染防止! これも皮肉な光景かも。

Bグループ

避難指示解除ふるさとの花便り  池田紀子
 原発事故から九年、いまだに帰還不能の地域があるかと思えば、避難解除になったところもある。同じく故郷である。花便りには嬉しさと散る花のはかなさがあろう。

再起動削除更新昼蛙  石原百合子
 田に水が張られる頃、昼夜なく鳴き続ける蛙。そのさまを「再起動削除更新」のせわしなさに喩えたのだ。とはいえ、昼蛙にはいくばくかののんびり感が生まれる。

産土を押し上げてゐる霜柱  中山洋子
 産土などと少し大げさに言ってみせたところが、ユーモアをも感じさせる。霜柱はけっこう力持ちだ。寒中となれば、それだけ気分も引き締まる。産土神よ・・・。

伊藤 眠 講師特選句

Aグループ

啓蟄の見えない蟲と対峙して  あざみ精    
 「見えない蟲」とはウィルスの事か。時事を詠む時には普段以上に言葉の生々しさを消す努力が必要。コロナやウィルスといった言葉を出さずに「啓蟄」へ繋げたのが手柄。

菜の花の中に廃炉の建屋かな  小泉 信
 明るく平和の象徴のような「菜の花」と恐ろしい災禍の残骸を対比することで一層「建屋」が不気味な存在になった。加えて人間の過ちの重さも静かに伝わってくる。

春一番二番三番なんとなく  あざみ精
 三橋敏雄作に「春一番二番三番四番馬鹿」があるが掲句は「なんとなく」だという。どっち付かずのハッキリしない有り様で、今の世相の曖昧さを上手く切り取った。

Bグループ

黒板に晴れの字ありし三月忌  水岩 瞳
 「三月忌」は三月尽の意で用いられたのだろうが「忌」と表記されると喪失感が出る。休校になる前の天気が板書されているだけの無人の教室が、今年は殊に淋しい。

売られゆく牛を離れず春の蠅  池田紀子
 童謡『ドナドナ』と状況は同じだが、名残惜しそうにくっ付いているのが「春の蠅」であるところに滑稽さと救いがある。明るい春の光まで感じさせてくれた。

風船を放した町がこつと消ゆ  吉田典子
 作者の心象風景かも知れないが、読者が「風船を放した町」に色々当て嵌めて鑑賞できるので広がりがある。一つの町が忽然と消えるとは何とも恐ろしいことを言われた。

(長谷川はるか報)

現代俳句のつどい

司会 前田弘
場所 現代俳句協会事務所
開催予定 毎月第1土曜日(PM1:00~5:00)
当協会員による相互批評句会。

「現代俳句のつどい」は、昭和58年、当時の事業部長の田沼文雄氏から提案され、協会の話し合いを経て協会の看板句会として発足いたしました。超結社で、講師は置かず、闊達な意見交流をし、俳句表現を追求しようという趣旨の会です。通算で400回を超えています。

現代俳句のつどいは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染予防・拡散防止のため当分の間、通信句会といたします。9月再開の予定です。