第16回沖縄忌俳句大会

第16回沖縄忌俳句大会

会長 上地 安智
事務局長 親泊 仲眞
事務局
郵便番号 902-0071
所在地 那覇市繁多川2-6-7
TEL 098-834-7430

【 地区の紹介 】

平成15年6月、鹿児島県現代俳句協会より独立し、沖縄県現代俳句協会が誕生した。
会の主な事業は、1月の定期総会及び新春俳句大会、6月の沖縄忌俳句大会、秋の吟行句会、年2回の会報発行である。
また、沖縄俳句歳時記の刊行に向けて編集委員会が準備を進めており、県内外から沖縄に関する季語の例句を募集している。お問い合わせは事務局まで。

【 行事予定 】2021年4月16日更新

◇第19回沖縄忌俳句大会のご案内

この度、第19回沖縄忌俳句大会を下記の通り開催いたします。つきましては、大会の日程及び作品募集要項のご案内を申し上げます。多くのみな様のご投句とご出席を心からお待ち申し上げます。

沖縄県現代俳句協会会長 上地安智

■大会日時
2021年6月6日(日)午後0時半より受付 1時開始

■大会会場
沖縄県男女共同参画センターてぃるる2階会議室1
那覇市西3-11-1 ☎098-866-9090

■大会内容
沖縄忌俳句大会入賞作品互選(出席者による10句選)
沖縄忌俳句大会入賞作品表彰・作品鑑賞
※新型コロナ感染対策により記念講演はありません。

■投句締切
2021年5月17日(月)当日消印有効

作品募集要項
1,投句要領
二句一組千円(大会援助の意味で二組以上のご協力をお願いします)。前書き不可。未発表の作品に限ります。投句料は現金または小為替にて作品と同封のこと。
2,投句用紙
所定の用紙またはそのコピー、原稿用紙等を使用し、作品・姓号・住所・電話番号等を楷書で明記して下さい。また、大会への出欠をお知らせ下さい。
3,投句先
〒900-0013
那覇市牧志2丁目5-6-503 池宮照子 宛
FAX 098-869-7578
事務局 親泊ちゅうしん(連絡先:098-834-7430)

■賞
沖縄忌俳句大会大賞/沖縄県現代俳句協会賞/佳作若干名

第18回沖縄忌俳句大会賞
海鳴りは永久(とわ)の語り部沖縄忌 大島知子
捨て石は灼かれ灼かれて今もなお 池宮照子

※新型コロナ感染対策により会場開催を中止する可能性もあります。

【 行事 】

◇第16回沖縄忌俳句大会

日時:平成30年6月10日
会場:沖縄県男女共同参画センター
沖縄県現代俳句協会の最大の年中行事である沖縄忌俳句大会が、今年も開催された。県内外の55名の方から284句の事前投句をいただき、当日、大会出席者28名による10句選が行われ、入賞作品が決定した。
戦後73年が経過し、戦争体験者の高齢化による記憶の風化に危機感が募る。もう二度と国土が戦場にならないよう、人の命が軽んじられることのないよう、メッセージを送り続けたい。
【第16回沖縄忌俳句大会大賞】
 沖縄忌不戦のネジを締め直す 穐山常男 
【沖縄忌現代俳句協会会長賞】
 にぎり飯大きく作る沖縄忌  大島知子
 沖縄忌昭和の色がうすくなる 嘉陽 伸
【佳作】
 黙祷し立ちくらみせし沖縄忌  百名 温
 家事の手を止めて黙祷慰霊の日 宮里 晄
 その他8句

◇沖縄県現代俳句協会総会・新春俳句会

平成30年2月3日、那覇市・沖縄ホテル
出席者は16名。嘉陽伸会長の挨拶の後、総会での議案はすべて承認された。今年度は役員改選の年で審議の結果、全員再任となる。総会後、新春俳句会を開催。
◎新春俳句会の高点句
大根を乱切りにして気を鎮め  金城英子
去年今年生命線が伸びている  嘉陽 伸
島人の血縁濃くて緋寒桜    そら紅緒
初鏡いつもの顔に紅を差す   池宮照子

<現代俳句年鑑2018より転載>

第14回吟行会

 平成28年11月13日(日)に行った。集合場所は、戦争末期、九州への疎開途中に撃沈された学童疎開船対馬丸を慰霊し、平和を祈る「対馬丸記念館」前、その後、波之上宮など若狭界隈を散策した。参加者21名。
【天賞】
冬日射し一億一心という怖さ  池宮照子
【地賞】
たましいは海の底から銀河まで 大城あつこ
【人賞】
対馬丸の遺影の笑顔冬日影   伊波とをる

◇第15回定期総会

平成29年2月4日(土)、午後3時より那覇市の沖縄ホテルにて開催。出席者18名、委任状出席6名。会長挨拶の後、嘉陽伸会長を議長に議事に入る。
平成28年度事業報告と会計報告並びに監査報告。第14回沖縄忌俳句大会報告等を承認した。引き続き平成29年度事業計画案、予算案が承認された。
【新入会員】
 金城英子、金城幸子、桑江光子

◇第14回新春俳句会

 定期総会終了後、新春俳句会と懇親会を開催。事前投句された84句を出席者で互選した。
【天賞】
山原の山河ねじれて去年今年    嘉陽 伸
【天賞】
甘蔗の穂の光る彼方を恵方とす   末吉 發
【人賞】
燃え尽きの感持て余すチューリップ 宮里 晄

◇第15回沖縄忌俳句大会

平成29年6月11日(日)午後1時より、沖縄県男女共同参画センター「てぃるる」にて開催した。今年は戦後72年、沖縄慰霊の日先立つこと12日、梅雨末期の雨雲が低く垂れこめた日の午後であった。
投句数244句、投句者44名、出席者26名、出席者による10 句選を行なった。
【第15回沖縄忌俳句大会大賞】
白い夏開封すれば黒い風  小橋啓生
【沖縄県現代俳句協会会長賞】
参列の最後の客は黒揚羽  伊波とをる

◇会報発行

 第24号 平成29年4月発行

◇沖縄歳時記

 平成29年5月発行

(宮里 晄)