会長/尾崎竹詩
事務局長/芳賀陽子
事務局所在地/〒237-0063横須賀市追浜東町3-86 TEL0468-65-4307

活動の概要

神奈川県現代俳句協会として、毎年度、総会、俳句大会、吟行会を行っています。令和4年度は神奈川県現代俳句協会創立40周年を記念して記念俳句大会を行うとともに、「湾岸大賞」を募集しています。
また、県内を4ブロックにして、句会、吟行会を行っているほか、研究会、さらにはインターネット句会、ZOOM句会も行っています。
それぞれの句会や吟行会の報告、予定などの詳細は「会報PDF」を御覧ください。

会長挨拶 尾崎竹詩

 平成31年3月3日の定時総会において神奈川県現代俳句協会の会長を拝命することになった尾崎竹詩です。当協会は今年37年目を迎え伝統と目覚ましい歴史を誇っています。現在までの神奈川県現代俳句協会を創り、育ててこられた先輩方の知恵と努力の結晶であることは間違いありません。その第八代会長という重責を担うことになりました。とても個人で担いきれるものでないことは明白です。現在の役員、会員そして俳句をこよなく愛する同志がなければ継続発展できるものではありません。私は神奈川県現代俳句協会という『座』を通して俳句に親しみ、人生を楽しみたいと思っています。
 現在の当協会は深刻な課題を抱えています。会員の高齢化と会員の減少傾向です。この二つの課題の根っこは一つだと思っています。この解決策は「現代俳句の楽しみ方」「現代俳句の面白さ」を多くの人に知ってもらうことではないでしょうか。「現代俳句」がこんなに楽しいものだということを発信していきましょう。そして私たち会員一人一人が俳句を楽しみ、会員同士が研鑽と親睦を深めていきましょう。笑顔のあふれる場所には人が集まってくると思います。あたたかく示唆に満ちた場所は離れたくないのではないでしょうか。
 金子兜太亡き後の現代俳句協会は、兜太ロスになりかかっています。しかし、兜太が背負ってきたものを一人で担うのは困難です。現代俳句には『座』という莫大な財産があると思うのです。この『座』が新しい理念を生み、活力を作るのではないでしょうか。松尾芭蕉を生んだ蕉門があったように、金子兜太を育てた現代俳句協会があったのです。令和の現代俳句協会を創るのは、私たち一人一人の知恵と努力次第だと思っています。さあ、新しい令和の時代に新しい現代俳句を探しに行きましょう。

 行事予定 (2022/1/22追加更新)

§ 創立40周年記念事業 §

◎40周年記念湾岸大賞募集
40周年記念行事の一環として「40周年記念湾岸大賞」を募集します。清新で現代俳句として残せる意欲ある作品の応募を期待します。

応募規定
1 神奈川県現代俳句協会会員及び会友の作品であること。(選考委員は除く)
2 20句。未発表であること。
3 A4判400字詰原稿用紙使用、右欄外に題名を記すこと。
4 別紙に氏名・郵便番号・住所・電話番号・所属結社名を記すこと。
5 参加費 2,000円を作品に同封のこと。

締切 令和4年(2022)2月末日

発表 令和4年9月神奈川県現代俳句協会会報にて

顕彰 令和4年の創立40周年記念大会席上にて、湾岸大賞受賞者には賞状と賞金5万円、準賞者には賞状と賞金3万円を贈る。

選考委員(一部交渉中)
東京都区現代俳句協会長、多摩地区現代俳句協会長、千葉県現代俳句協会長
神奈川県現代俳句協会特別顧問 森田緑郎
神奈川県現代俳句協会名誉会長 吉田 功
神奈川県現代俳句協会会長 尾崎竹詩
記念事業推進委員長 内藤ちよみ
記念事業推進副委員長 伊藤 眠・大本 尚・田中悦子・田畑ヒロ子
神奈川県現代俳句協会顧問(あいうえお順)
朝広純子・綾野南志・荻田礼子・川村研治・川村智香子・酒井弘司・佐々木英子・鈴木和代・瀬戸美代子・佃 悦夫・中岡昌太・西野洋司・藤田 宏

投句先 湾岸大賞事務局 渡辺和弘

◎40周年記念大会

日時令和4(2022)年11月23日(祝)

場所:ワークピア横浜(〒231-0023 横浜市中区山下町24-1)
みなとみらい線日本大通り駅徒歩5分、JR京浜東北線関内駅南口徒歩15分、JR京浜東北線石川町駅北口徒歩13分 ワークピア横浜 (workpia.or.jp)

講演者:中村和弘 現代俳句協会会長・『陸』主宰(演題は未定)

会費:記念式典・講演会のみ参加1,000円/記念祝賀会(記念式典・講演会を含む)10,000円

会報PDF(2022/1/12追加更新)

神奈川県現代俳句協会会報 第154号 令和3年12月発行 10ページ

役員構成  〔令和3年3月10日現在〕

特別顧問:森田緑郎
名誉会長:𠮷田 功 (𠮷は土に口)
会  長:尾崎竹詩
 副会長:伊藤 眠・大本 尚・田中悦子・田畑ヒロ子・内藤ちよみ・渡辺和弘
(相談役:川村智香子)
事務局長:芳賀陽子
 同次長:岡田翠風
事務局付IT部長:石川夏山
(相談役:伊藤 眠)
総務部長:佐々木重満
 同副部長:岡田恵子・渡辺照子
(相談役:大本 尚)
事業部長:佐藤 久
 同副部長:藤方さくら・村上友美
(相談役:内藤ちよみ)
編集部長:杉 美春
 同副部長:なつはづき
(相談役:田中悦子)
経理部長:平田 薫
 同副部長:関根洋子・三上 泉
(相談役:芳賀陽子)
幹 事:青島哲夫・秋山貞彦・石鎚 優・伊藤 梢・稲葉喜子・植田いく子・宇佐見輝子・岡田典代・荻野樹美・尾澤慧璃(事業部)・加賀田せん翠・金栗トモ子・川名将義・桐山芽ぐ・斉藤すみれ(経理部)・佐野典比古(IT部)・菅沼とき子・塚田佳都子・山老成子・長谷川昭放・平佐和子・比留間加代・福田洽子・星 由江・町野敦子・三沢容一・宮永武彦(IT部)・望月英男(編集部)・山田ひかる・横川はっこう・吉野美和子・吉村元明・らふ亜沙弥・若林つる子・渡辺順子 
4ブロック(相談役:田畑ヒロ子・渡辺和弘)
横浜ブロック長:なつはづき
 副ブロック長:桐山芽ぐ 
川崎ブロック長:加賀田せん翠
 副ブロック長:町野敦子・山田ひかる
湘南ブロック長:堀口みゆき 
 副ブロック長:渡辺正剛・荻野樹美
西部ブロック長:長谷川昭放
 副ブロック長:菅沼とき子・加藤かほる・北村文江
監査役:中山妙子・麻生 明
顧 問:朝広純子・綾野南志・荻田礼子・川村研治・川村智香子・酒井弘司・佐々木英子・鈴木和代・瀬戸美代子・佃 悦夫・中岡昌太・西野洋司・藤田 宏
参 与:綾野道江・岩田 信・小関邦子・鹿又英一・川名 大・川辺幸一・木村和彦・栗林 浩・河野 薫・小町 圭・衣川次郎・田中亜美・つはこ江津・手塚玉泉・長島喜代子・野木桃花・日置正次・福原瑛子・松下カロ・三村凪彦・山田貴世・山元志津香・渡辺正剛

以上