小川双々子『異韻稿』現代俳句の100冊[29]

現代俳句協会会員の方は、お客様情報の「*お名前」の欄に、協会にご登録のお名前(俳号)を入力して下さい。 人類の歩むさみしさつちふるを 月蝕のあたま翳りて男立つ 鷹の天かの防人は射られたる 農夫口あけて花火の傘下にゐる 葱 […]

幡谷東吾『即離集』現代俳句の100冊[18]

現代俳句協会会員の方は、お客様情報の「*お名前」の欄に、協会にご登録のお名前(俳号)を入力して下さい。 縣境の一水を経て風青し ピノキオがひとり起き出す砂日傘 ひとごゑの霧にむすばれむとするいたはり 白菊の白の黄菊の黄の […]

金子兜太『猪羊集』現代俳句の100冊[10]

現代俳句協会会員の方は、お客様情報の「*お名前」の欄に、協会にご登録のお名前(俳号)を入力して下さい。 遊牧のごとし十二輛編成列車 霧の村石を投(ほ)うらば父母散らん 木曾のなあ木曾の炭馬並び糞(ま)る 墓地も焼跡蟬肉片 […]

俳句通信添削教室・半年払い1万5千円

※現代俳句協会会員の方は、お客様情報の「*お名前」の欄に、協会にご登録のお名前(俳号)を入力して下さい。 詳しくはこちらをご覧下さい。 ◇添削は、半年払い15,000円で、一か月6句まで、半年間継続で、36句出せます。 […]

俳句通信添削教室・一回払い3千円

※現代俳句協会会員の方は、お客様情報の「*お名前」の欄に、協会にご登録のお名前(俳号)を入力して下さい。 詳しくはこちらをご覧下さい。 ◇添削は、3,000円で、月に6句までです。 お申し込み (1)まず、添削料を下記の […]

2021年度全句講評講座(20210710WEB版)

現代俳句協会会員の方は、お客様情報の「*お名前」の欄に、協会にご登録のお名前(俳号)を入力して下さい。

津根元潮『時中』(自筆サイン落款入)現代俳句の100冊[43]

現代俳句協会会員の方は、お客様情報の「*お名前」の欄に、協会にご登録のお名前(俳号)を入力して下さい。 海にきて山をみている冬のくれ 火の国の孔雀の舌に雪がふる 頷けば心底おもき男の冬 夜だけが好きで死ぬ夜のきりぎりす […]

田中 陽『愉しい敵』(自筆サイン入)現代俳句の100冊[41]

現代俳句協会会員の方は、お客様情報の「*お名前」の欄に、協会にご登録のお名前(俳号)を入力して下さい。 海に向いまっさおいだけのぼくの戦後史 旅からもどり愉しい敵がふえつつあり 祭りの裏通りが好きで深まりゆく傷だ 昆虫の […]

竹本健司『山方』(自筆サイン落款入)現代俳句の100冊[39]

現代俳句協会会員の方は、お客様情報の「*お名前」の欄に、協会にご登録のお名前(俳号)を入力して下さい。 野に降(ふ)りて毛深きふたり歩むかな ひりひりと独り身の髪ルンバ踊る ここへ還る非情な大根の花盛り 砥石六月兄へ蘗か […]