金子兜太『猪羊集』現代俳句の100冊[10]

gh-b-25

金子兜太『猪羊集』[10]  (gh-b-25)

定価(税込)
¥1,610
販売価格(税込)
¥700
在庫状態 : 在庫有り


遊牧のごとし十二輛編成列車
霧の村石を投(ほ)うらば父母散らん
木曾のなあ木曾の炭馬並び糞(ま)る
墓地も焼跡蟬肉片のごと木木に
銀行員等朝より蛍光す烏賊のごとく
夜の航武器のごとくにバナナを持ち
果樹園がシヤツ一枚の俺の孤島
無神の旅あかつき岬をマツチで燃し
津軽満月足摺り輪となりこの世の唄
人体冷えて東北白い花盛り
谷に鯉もみ合う夜の歓喜かな
あおい熊冷えた海には人の唄
霧に白鳥白鳥に霧というべきか
梅咲いて庭中に青鮫が来ている
片側見せて逆光の遍路海の上

金子兜太『猪羊集』(かねこ・とうた/『ちょようしゅう』)
[目次]
『少年』『生長』抄  5頁
『金子兜太句集』抄  18頁
『蜿蜿』抄      
27頁
『暗緑地誌』抄    37頁
『早春展墓』抄    45頁
『狡童』抄      55
『旅次抄録』抄    61頁

『遊牧』抄      75頁
『遊牧』以後     87頁
俳句に寄せるおもい  115頁
守武のこと俳諧のこと 125頁
解説 金子兜太句集『猪羊集』に寄す 山田みづえ 131
 年譜     148
 著書目録   156頁
 あとがき   158頁

写真撮影 田沼武能(2019年文化勲章受賞)

平成9年7月1日 再版 B6判 158頁
協会在庫管理の新古本。ほぼ良好な状態です。美本からお送りします。サインはありません。

【販売価格】700(送料込み)本体1,300円+税130円+送料180円=1,610円のところ。

数量