2019年11月号目次

特別作品
米を研ぐ音から今年始まりぬ   尾崎竹詩  
花影に微睡むバルテュスの少女  春日石疼  
八月やまだ還らないひとばかり 木村ゆきこ  
炎昼や束ねた紙の燃えにくき   倉田明彦  
長き夜や十指十色に爪染めて さいとう白沙  
ありったけあぶらかだぶら秋の雨 西田和平  
児を抱いて杉のてっぺん河原鶸  福富健男  
駅鈴は線となり伸び秋はじめ   四ッ谷龍  

11月号目次

現代俳句  目 次  令和元年11月号 通巻639号
 グラビア 俳句ひらく
 わたしの一句  鈴木八駛郎
 百景共吟  高山れおな、林 桂
 フォト・俳句  高橋和子
 列島春秋  6

直線曲線  一句の背景 岩淵喜代子 10

◆特別作品◆
 一年は短い   尾崎 竹詩 12
 飯舘の空    春日 石疼 12
 新涼や     木村ゆきこ 13
 月の海     倉田 明彦 13
 氷頭膾     さいとう白沙 14
 あぶらかだぶら 西田 和平 14
 竹節虫     福富 健男 15
 糸瓜棚     四ッ谷 龍 15

「今、伝えたい俳句 残したい俳句」 堀之内長一 16
『新興俳句アンソロジー』より二句鑑賞 神野 紗希・曾根  毅 17

《其角とは誰か》 二上 貴夫 18

◎新入会員記念作品  29
「風土記篇」(11)愛媛県 井上 論天 30
「翌檜篇」(11) 清水 陽子、福林 弘子、八木茂都子、村山 恭子 32
結社の若手(4) 髙橋 健文 34

第20回現代俳句協会年度作品賞 特集
 受賞作◆房はづす/受賞のことば 久根美和子 36
 選考経過 網野 月を 39
 選評 浦川聡子、大井恒行、こしのゆみこ、佐藤映二、原 雅子
 久根美和子の俳句の魅力 「柔らかで時にシャープ」 羽村美和子 44

現代俳句年鑑2019を読む  45
いわきり秋月、岡田初音、髙橋宗史、野口浩子、小沢一郎、高橋比呂子、鈴江弘光、ほなが穂心、森本弥生、石原道明、柳本ゆみ、井上心生

●随想●
 壁の内側 張籠二三枝 52
 壁画 水口圭子 53
ティータイム  能城 檀、二口わこう、松井真吾 54
ブックエリア
 堀節誉句集『渋』 青木栄子 56
 鈴木石夫句集集成『裏山に名前がなくて』 桑原三郎 57
 吉岡一三句集『遠方』 清水  怜 58
 黒澤雅代句集『水尾のかたち』 藤野  武 59
第11回 「現代俳句の風」  60
秀句を探る 鎌倉道彦、髙木暢夫、中島三雄、葊川孝彦、村本なずな、柳谷和江
研修部・特別研修会  73
図書館俳句ポスト  75

表紙 写真提供:「神秘の輝き」矢田 満雄
 わたしの一句  写真提供:「初冠雪」伊丹三樹彦
百景共吟 写真提供:「鳥渡る」飯塚 英夫