【通信句会】土曜教室

いつ:
2020年6月13日 @ 1:00 午後 – 4:00 午後
2020-06-13T13:00:00+09:00
2020-06-13T16:00:00+09:00
どこで:
現代俳句協会事務所
日本、〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目5-4 偕楽ビル(外神田)7F
2020年3月より、郵送等による通信句会で行っています。
講師
前田 弘(現代俳句協会幹事長)
 
場所
現代俳句協会事務所
 
開催予定
毎月第2土曜日(PM1:00~4:00)。
当協会員以外の方も参加できます。
参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
 

三月第二土曜俳句会 (通信句会)
三月十日兄の鼻緒が切れている  小湊こぎく
飛魚に本題はなし海と空     川崎 果連
パイプ椅子席にも上座桜咲く   田口  武
連翹咲き満ちていい人でいる不安 門野ミキ子
うら若き春大根と打ち解ける   北迫 正男
初蝶の何の記憶もない気楽    西本 明未
三月が勉強部屋に落ちている   森須  蘭
蒲公英の隣りの席を予約する   飛永百合子
啓蟄や窓の一つはピッコロ    吉田 典子
クレソンと初恋は野にうまれけり 林 ひとみ
三月の音色となりぬ課題曲    福原  暁
私書箱を空っぽにして雁帰る   吉田香津代
閑話休題そら豆はそらの味    杉本青三郎
さくら草もったいないから席詰める  前田 光枝
春の朝肩甲骨に羽の音      町野 敦子
春寒し日々の隙間の針仕事    松元 峯子
東京に居て三・一一の落日    桐山 芽ぐ
棚田道長し蛙の目借時      劒物 劒二
触るなよ教師のノート春休み   金子  嵩
春の泥そろそろスマホにしようかな 松原 小蕾
小三治の長きまくらや寄席ぬくし 高田  毅
待ち人のなかなか見えぬ朧かな  廣田 洋一
海明ける海の彼方にある空席   前田  弘