【通信句会で実施】土曜教室

いつ:
2020年3月14日 全日
2020-03-14T00:00:00+09:00
2020-03-15T00:00:00+09:00
どこで:
現代俳句協会事務所
日本、〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目5-4 偕楽ビル(外神田)7F
2020年3月より、郵送等による通信句会で行っています。
講師
前田 弘(現代俳句協会幹事長)
 
場所
現代俳句協会事務所
 
開催予定
毎月第2土曜日(PM1:00~4:00)。
当協会員以外の方も参加できます。
参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
 

十月第二土曜俳句会

髪を切る軽い決断文化の日     小湊こぎく
ひらがなで整列している赤とんぼ  森須  蘭
十代の指紋のままや葦の花     前田 光枝
断片に本音があって実南天     玉井  豊
一日の終りの点眼は月光      吉田香津代
距離置いて狗尾草のあいだがら   吉田 典子
どんぐりを拾い昨日を遠くする   町野 敦子 
判断は人にまかせていわし雲    木野 文子
赤い羽根つけて謙譲語をつかう   田口  武
断りの電話がふたつ薄紅葉     林 ひとみ
説得はいつもぼくです浮塵子飛ぶ  金子  嵩
不安断つ手立てとしての栗饅頭   松原 小蕾
決めぜりふ決まり夜長の最終章   門野ミキ子
どんぐりを数えて決める民主主義  川崎 果連
うろこ雲アシタハキット決メテヤル 北迫 正男
名月が五重塔を這い上がる     桐山 芽ぐ
パンパスグラス決断の途中です   飛永百合子
われにまだふるさとありて栗届く  劔物 劔二
決めてに欠ける案山子から傾いて  杉本青三郎
酔芙蓉物憂い午後にスクワット   髙田  毅
なだらかな音階透きとおる葡萄   西本 明未
おやすみと決まり文句の寝待月   福原  暁
野ぶどうや決めかねている道標   宮腰 秀子
一枚の田毎に一つ稲架を組む    廣田 洋一
名月や決めの言葉が見つからない  松元 峯子
決め球を弾き返され秋高し     前田  弘