【通信句会】土曜教室

いつ:
2020年3月14日 @ 1:00 午後 – 4:00 午後
2020-03-14T13:00:00+09:00
2020-03-14T16:00:00+09:00
どこで:
現代俳句協会事務所
日本、〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目5-4 偕楽ビル(外神田)7F
2020年3月より、郵送等による通信句会で行っています。
講師
前田 弘(現代俳句協会幹事長)
 
場所
現代俳句協会事務所
 
開催予定
毎月第2土曜日(PM1:00~4:00)。
当協会員以外の方も参加できます。
参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
 

土曜教室(通信句会) 七月句会報

水彩の自画像しづかなる晩夏      西本明未
手薬煉を引いて四葩の中にいる     角野ミキ子
メロン切るハミングで切る薄く切る   金子 崇
浅漬けの胡瓜と軽いめまいかな     北迫正男
脚本に書き足しておく山法師      飛永百合子
右手よりなぜか涼しい左の手      前田光枝
梅雨の街正体みせぬ人ばかり      木野文子
絵手紙は虹の脚から書き始む      森須 蘭
全身がしんとする夕焼のおわり     吉田典子
かたくない本読んでいるハンモック   田口 武
ろれつから崩れる小言冷し酒      川崎果連
水中花行方不明の水曜日        杉本青三郎
雨脚に歩幅を合わせがまがえる     玉井 豊
猫脚にデートリッヒの香水       町野敦子
三脚を湖畔に据える山開き       福原 暁
白玉やたましひすくひあぐるごと    林ひとみ
薔薇の棘不安抱えているのです     松元峯子
甚平の脚色多き昔かな         劔物劔二
蝶二頭不自然なソーシャルディスタンス 小湊こぎく
紫陽花や滅びの美学問うてみる     高田 毅
両の手で受ける空蟬の脚力       松原小蕾
手に疲れ残るビニール製団扇      吉田香津代
逃げ惑う命ぴょんぴょん草刈れば    桐山芽ぐ
端居して途方に暮れる足の裏      前田 弘