第39回現代俳句評論賞は武良竜彦氏に決定しました。

◎第39回現代俳句評論賞

武良竜彦「桜(しゃくら)の花の美(いつく)しさようなあ-石牟礼道子俳句が問いかけるもの」

◎受賞者略歴
◇武良竜彦(むら・たつひこ)
1948年(昭和23年) 熊本県生まれ 71歳  
◆俳句歴
2013年(平成25年) 第6回佐藤鬼房顕彰俳句大会奨励賞受賞
2014年(平成26年) 第34回現代俳句評論賞 佳作入賞「不可能性の文学の大いなる可能性 ―高野ムツオ句集の軌跡から」(『現代俳句』誌に掲載)
2015年(平成27年) 第9回小熊座賞 佳作入賞 「後の余白」
◆現在:「小熊座」俳句会同人  
                                                                                 
◎選考委員(順不同)
久保純夫、高橋修宏、林 桂、五十嵐秀彦、髙野公一、橋本 直

◎表彰式
令和元年11月16日(土)「東天紅・上野店」にて開催の第56回現代俳句全国大会席上にて
  

*お問い合わせ 現代俳句協会事務局 電話03-3839-8190