【通信俳句会】現代俳句のつどい

いつ:
2020年6月6日 @ 1:00 午後 – 5:00 午後
2020-06-06T13:00:00+09:00
2020-06-06T17:00:00+09:00
どこで:
現代俳句協会事務所
日本、〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目5-4 偕楽ビル(外神田)7F
連絡先:
秋谷菊野
03-3839-8190

現代俳句のつどいは、6月、418回から通信俳句会で再開しました。8月までは通信句会といたします。

当協会員による相互批評句会。
超結社で、講師は置かずに、闊達な意見交流をし俳句表現を追求しようという趣旨で、昭和58年に始められた。

司会 前田弘

場所 現代俳句協会事務所

開催予定 毎月第1土曜日(PM1:00~5:00)

第418回現代俳句のつどい 通信句会 (令和2年6月6日)
遠くから来たふりをして山法師         前田  弘
夏襟にうっすらセピア色の過去         若林つる子
ひと月を金魚と暮らし失語症          相沢 幹代
蛇苺まだ昭和から動けない           杉本青三郎
ときどきは中国産の汗をかく          中内 火星
入れ替わる空の匂いや観覧車          普川  洋
手の甲にメモ書きしまま籐寝椅子        小湊こぎく
時鳥世界はせまくなるんだな          楠見 惠子
八十の素足少女の貌みせて           鍬守 裕子
はたたがみ人の近きを恐れけり         吉田香津代
風鈴の音に皮ある枕かな            岡田 一夫
どくだみとみたらし団子で眠くなる       大川 竜水
振り返り続ける生家枇杷の夜          表  ひろ
また一歯抜けて空洞若葉冷           劔物 劔二
花散らすコロナウイルスのうす笑い       横須賀洋子
ファザーコンプレックスいつだって父の日    石山 正子
片影に食べられていく我が時間         石川 夏山
ねじれ蕾は朝顔ぱっとミラージュ        川名つぎお
紺碧の空からっぽの園聖五月          藤方さくら
わかっている でも時の人           湯本 直也
万緑の砦を越える痴呆症            ダイゴ鉄哉
二三五素数に恋して熱帯魚           小町  圭
密ですよつぎからつぎへ夏の草         秋谷 菊野