特別展「細谷源二と齋藤玄 北方詩としての俳句」のお知らせ

昭和初頭の新興俳句運動にめざめ、戦時中の俳句弾圧の荒波をくぐりぬけ、北海道の戦後俳句界を力強く牽引した細谷源二と齋藤玄。「働く者の俳句」を標榜し花鳥諷詠とは異なる現代俳句を推進した源二と、幽玄の世界に深く分け入り伝統詩型の中に新局面を切り開いた玄。作風は対照的ながら、新興俳句の精神を戦後の北海道に根付かせ、「北方詩としての俳句」とも呼ぶべき世界を創り出すという共通点を持つ俳人でした。 いまこの二人にあらためて光を当て、激動の昭和俳句が現在と未来に問いかける課題を浮き彫りにします。

開催期間
2023年01月21日~2023年03月19日
【休館日】月曜日(ただし、月曜日が祝日等の場合は開館)
最終入場は16:30まで

開催場所
北海道立文学館 特別展示室 札幌市中央区中島公園1-4

主催者
北海道立文学館、公益財団法人北海道文学館(北海道立文学館指定管理者)、北海道新聞社料金
一般500(400)円、高大生250(200)円、中学生以下・65歳以上無料
()内は10名以上の団体料金(詳細はお問い合わせ下さい)

お問合せ
北海道立文学館
011-511-7655

公式サイト
http://www.h-bungaku.or.jp/

特別展「細谷源二と齋藤玄 北方詩としての俳句」フライヤー