木曜教室

いつ:
2020年7月9日 @ 1:00 PM – 4:00 PM
2020-07-09T13:00:00+09:00
2020-07-09T16:00:00+09:00
どこで:
現代俳句協会事務所
日本、〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目5-4 偕楽ビル(外神田)7F

講師 松井国央(山河俳句会代表顧問)

開催予定
 毎月第2木曜日 PM1:00~4:00(12:30までに投句)
 
場所:協会会議室 *11月12日、句会を再開しました。
 当協会員以外の方も参加できます。

 参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。

11月の木曜教室の作品

紅葉且つ散る両国のチンドン屋     栗原かつ代

木枯一号堅焼せんべいの厚さ      平佐和子

楕円にはふたつの中心星冴ゆる     土屋秀夫

蓑虫を揺らしてしまふ先入観      久下晴美

紅葉かつ散る感情線を解放す      小髙沙羅

天に鷹向きあう医師の倍は生き     早坂澄子

立冬の朝の暗さを確かめる       利光知惠子

人影の絶へてコロナの星月夜      穴原達治

百歳の松の腰痛菰を巻く        鈴木砂紅

選挙戦豈はからんや牛蒡引く      北村マリ緒

頬杖をたてかけておくピラカンサ    若林つる子

ふたたびの句会数多のゆりかもめ    菱沼多美子

そこここに鈍器があって水澄めり    松井国央