講師 松井国央(山河俳句会代表顧問)

開催予定
 毎月第2木曜日 PM1:00~4:00(12:30までに投句)
 場所:協会会議室 *2021年2月はお休みです。
 当協会員以外の方も参加できます。
 参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。

1月の木曜教室作品(通信句会)

 雪をんな位置情報が洩れてゐる     久下 晴美 

 枯れてなお遊び足りない猫じゃらし   鈴木 砂紅 

 とんとんと我を励まし薺粥       関根 瑶華

 明日ありや屋根に絵凧の引っ掛かり   西村 弘子

 その時雨忘れ上手な六区の灯      宮崎 敦子

 ひとりなら独りのやうに寒の月     穴原 達治

 笑い方忘れてしまった冬の薔薇     田中 暢子

 人日の非常口にも除菌液        栗原かつ代

 襟巻にあごまで埋め今朝の陣      土屋 秀夫

 初山河祈れば叶うことひとつ      小高 沙羅

 冬の水族館に座れない椅子       徳山 優子

 元旦の短かく鳴った電話のベル     利光知恵子

 象さんと百済観音春よこい       早坂 澄子

 七草や米の粘りをふふみおり      菱沼多美子

 若水のひかりころがす幼き手      磯部 薫子

 海から生える冨士全容や初散歩     若林つる子

 コロナ禍やせめて春着のワンピース   北村マリ緒

 平和とは主義にあらずや初鴉      松井 国央