木曜教室

いつ:
2019年12月12日 @ 1:00 PM – 4:00 PM
2019-12-12T13:00:00+09:00
2019-12-12T16:00:00+09:00
どこで:
現代俳句協会事務所
日本、〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目5-4 偕楽ビル(外神田)7F

講師 松井国央(山河俳句会代表顧問)

開催予定
 毎月第2木曜日 PM1:00~4:00(12:30までに投句)
 当協会員以外の方も参加できます。
 参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。

11月14日(木)の作品

しぐれをり熟睡できる北枕    久下晴美

箱詰の現状維持やラ・フランス  田中暢子

うす味の漢にも慣れふゆに入る  平佐和子

おばさんの物々交換天高し    小高沙羅

起き抜けの耳の冷たさ真っ直ぐさ 早坂澄子

国中が傷だらけです渡り鳥    利光知恵子

令和御列雑談力を蓄える     若林つる子

花八手毎日ひとつずつ捨てる   鈴木砂紅

火の速さ水の速さよ一の酉    加藤千子

勘定に入れない自分冬夕焼    菱沼多美子

木枯しやとん汁の椀抱え込む   穴原達治

逃げようとしない鳥獣秋の暮   土屋秀夫

縁側の猫の昼寝や冬浅し     磯部薫子

社会面ゆずらぬ貌のこたつ猫   栗原かつ代

捨案山子のまだ抜けていぬ目の底力 福島芳子

銀杏散る彼の転向にある余罪   松井国央