火曜教室

いつ:
2019年8月20日 @ 1:00 PM – 4:00 PM
2019-08-20T13:00:00+09:00
2019-08-20T16:00:00+09:00
どこで:
現代俳句協会事務所
日本、〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目5-4 偕楽ビル(外神田)7F
開催予定

毎月第3火曜日 PM1:00~4:00(12:30までに投句)

 現代俳句協会員以外の方も参加できます。

 参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。

火曜教室 令和元年十二月句会報   対馬康子先生

ミシン針ジグザグ進み風師走        関根 瑶華

前歴を言えぬ男の浮寝鳥          武内 杉菜

すれちがうロングコートや夜の駅      田中 朋子

無人駅延びる枯野の平行線         垂井 道夫

猟銃を逃れし鹿の白い尻          辻田ちか子

古本からロードショウ切符年の暮      徳山 優子

寅さんや男はつらく冬温し         中野 博夫

凍鶴やうなじが知っている言葉       なつはづき

健さんは最後のスター冬紅葉        成田 淑美

煤逃げの老い顔合わす駅の前        森銅 昭夫

信玄の影武者なりや甲斐の鷹       赤崎ゆういち

駅長に駅員一人雪の町           飛鳥 遊子

廃駅の無音の汽笛聴いて冬         新井 博子

ディートリッヒの美脚しのべば鎌鼬     荒井  類

軍艦のエイゼンシュテイン凍る耳      有坂 花野

聖夜かなレマン湖眺む喜劇王        五十嵐秀山

残る虫無理やり外に放り出し        猪越 玲子

浮かんでも冬に喰われていく言葉      石川 夏山

焚火して一気に燃えるスキャンダル     金子 未完

青春映画にシニア一枚石蕗の花       幸村 睦子

極月の人を遠ざけみる映画         越川ミトミ

枇杷の花淡き香りか甘き実か        清水 克郎

冬の虹かばんにしまう硝子壜        鋤柄 杉太

シンギング・ザ・レイン心転がす雨     関根 信三

駅寒し首のうしろが木のように       対馬 康子