【通信句会に変更】水曜教室(初心者向け)

いつ:
2020年7月22日 @ 1:00 PM – 4:00 PM
2020-07-22T13:00:00+09:00
2020-07-22T16:00:00+09:00
どこで:
現代俳句協会事務所
日本、〒101-0021 東京都千代田区 外神田6丁目5-4 偕楽ビル(外神田)7F
※通信句会は、郵便を使った句会です。当面は通信俳句会で続けます。
 
講師 原 雅子
 
場所 現代俳句協会事務所
 
開催予定
毎月第4水曜日(PM1:00~4:00) 
当協会員以外の方も参加できます。
参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
通信句会は8月もいたします。
水曜教室は初心者向けです。先生、研修部員も入っての句会です。
 

水曜教室句会報(通信句会)    2020.8

蒲の穂にひとつ煌めく蝗かな     上田 みの

会えぬ半年毬栗はまだ青い      鈴木 砂紅

奥手蟬ふんばるあたり今朝の秋    井出けい子

荒川や神輿洗いの大しぶき      山縣 隆

昼席にさん喬のこゑ秋立ちぬ     柴﨑 和男

炎昼のサンダル憎し足蹴する     石黒 宏志

立秋の母国へ日付変更線       松本おはら

秋立つや宇陀の家並の黒瓦      岡田 芳明

子等去ぬる厨ひろびろ法師蟬     渡邉 安雄

師の挽歌骨太のまま秋に入る     高橋 和子 

洗面の頬に新涼届きけり       中野みどり

夏蝶は森林限界超えゆきぬ      松本まり子

盆明けておもちやのネジの忘れ物   森田 一弘

大原女の白手ぬぐいや夕化粧     下村 陽子

一条の音を引きずり秋の鐘      服部まさみ

峠で暮れて晩夏の街の灯へ下る    利光知惠子

語り部の長命祈る終戦日       石川 寬子

足洗ふ水音に秋立ちにけり      原 雅子