【俳号】杉浦圭祐(すぎうら・けいすけ)
【所属結社】草樹
【俳歴】
平成6(1994)年 郷里和歌山県新宮市の中上健次主宰「熊野大学俳句部」で俳句と出会い「草苑」入会。
平成17(2005)年より「草樹」創刊会員。
平成22(2010)年より「草樹」編集担当。
平成23(2011)年4月~平成25年(2013)年3月 関西現代俳句協会青年部長。
【受賞歴】
平成13(2001)年 第19回「現代俳句新人賞」受賞
【著書・雑誌、新聞寄稿】 
『新興俳句アンソロジー 何が新しかったのか』現代俳句協会編集部・編(ふらんす堂)日野草城を執筆 2018年12月
「文庫で読む正岡子規著作解題」『KAWADE道の手帖 正岡子規』(河出書房新社)2010年10月20日
「森の哲学者」(宇多喜代子句集『森へ』書評)「青磁社通信」Vol.030 2019年8月
レポート「俳壇ニュース 大阪俳句史研究会」角川「俳句」2017年5月号~不定期掲載
連載「食後に一句」(「NHKテキスト 今日の料理」2010年4月号~2012年3月号)
連載「言葉を歩く」熊野新聞(2016年9月10日~2017年12月10日)
【講師歴】
構想表現トーク(成安造形大学講義)平成16(2004)年
【講演歴】
「熊野俳句修行―松根久雄さんとの日々―」空の会主催(大阪)2019年 
【得意分野】
選者○ 講師○ 講演○
執筆(俳句○ 評論○ 随筆○)
「特に希望しないものはありません。基本的にご依頼を断らない主義です。」