好井 由江(よしい・よしえ)第8回現代俳句協会年度作品受賞

好井 由江(よしい・よしえ)

昭和11年栃木県鹿沼市生まれ。

  • 平成5年、小宅容義に師事し、「玄火」(嶋野國夫主宰)入会。
  • 平成9年、「玄火」新人賞・同人。
  • 平成9年、現代俳句協会入会。
  • 平成10年、同人誌「雷魚」入会。
  • 平成14年、「玄火」退会。
  • 著書に、句集『両手』、『青丹』。
  • 現在、「雷魚」同人。

 

 
「紙風船」     好井 由江 
 
  払う手にこつんと固き冬の蝿
  雪が降る保護色という豹の前
  梟や文字消えかかる火伏護符
  雪月夜雪吊りたるむこと少し
  美しき距離老人と白鳥と
  飴玉やふと空っ風途絶えたる
  結氷のなかの賽銭銀貨かな
  擦れあう芦もつれあう芦枯れるる中
  枯れ芦に等しき高さ出水跡
  鯉の色あつめて水の凍りけり
  庭石のどれもひとつ癖冬日向
  形代になんにょのかたちなかりけり
  まっさきに日の当る木や二月来る
  ぶらんこを押すたび何か言うており
  紙風船つくたび音のいびつかな
  縞馬の縞うららかにもつれいる
  風の来て水盛りあがる代田かな
  いっぱいの霧を負いたる毛虫かな
  裸婦像にうろこ薄るるうろこ雲
  ずぶ濡れの鼠と出合う地蔵盆
  積み足してケルンさびしきかたちかな
  灰色の象とカンナをまのあたり
  鳥引くや郵便局の忘れ傘
  朝風呂が沸いて憲法記念の日
  河骨にすき間だらけの通り雨
  捩り花まっすぐに芯通りけり
  白鷺がふわりと代田持ち上げる
  遠雷やモナリザは目を開けしまま
  うとましきうから卯の花腐しかな
  あめんぼの脚ことごとく日が暮れる