2020年3月より、郵送等による通信句会で行っています。
講師
前田 弘(現代俳句協会幹事長)
 
場所
現代俳句協会事務所
 
開催予定
毎月第2土曜日(PM1:00~4:00)。

参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
現代俳句協会員以外の方も参加できますが、協会会議室で開催されるようになるまでお待ちください。

二月第二土曜俳句会

大根を切るたび水の明るさよ    吉田香津代
原因は加齢と言われ菜飯食う    松原 小蕾
蝋梅の明るさ夫に持ち帰る     飛永百合子
百均で鍋買うバレンタインの日   門野ミキ子
立春のお薄点てたりヴイヴアルデイ 林 ひとみ
春の雪点になるまで友送る     木野 文子
蛇穴を出る原文を読みたくて    吉田 典子
そういえば原体験はしゃぼん玉   玉井  豊
旅立ちは片道キップふきのとう   川崎 果連
家系図の根雪の原野とび出しぬ   小湊こぎく
山裾の家点々と柚子灯り      宮腰 秀子
白梅の空からソプラノのこだま   杉本青三郎
浮くたびに遠くなりたる鳰一羽   廣田 洋一
煮つまったのは寄鍋の煮汁だけ   町野 敦子
水音を点して暮れる猫柳      福原  暁
雪女私に見せた点と線       前田 光枝
風花にふと目を開くねむり猫    松元 峯子
ペンギンの一羽転んだ凍て緩む   桐山 芽ぐ
読書灯を点すセーターに毛玉    髙田  毅
種袋の中で芽生える早合点     西本 明未
銘銘の話がずれて氷浮く      金子  嵩
紅椿文句も言わず落ちている    田口  武
原っぱの真ん中辺りから春へ    森須  蘭
子等去りて点点点と春の泥     劔物 劔二
青き踏む死神様と肩を組み     前田  弘