2020年9月から通信句会で再開しました。
開催予定
毎月第3火曜日 PM1:00~4:00(12:30までに投句)
講師 対馬康子

参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。
現代俳句協会員以外の方も参加できますが、協会会議室で開催されるようになるまでお待ちください。

現代俳句協会火曜教室 通信句会2021年7月 講師 対馬康子

梅雨晴間帰らぬ子等の布団干す     猪越玲子

死を思ひきらきらひかりだす鯵     片山 蓉

夕立くる何かいいたげな背中      幸村睦子

氷水置き戯れの三画目         越川ミトミ

ギャルソンのアルジェ訛や巴里祭    鋤柄杉太

向日葵の集光レンズもみほぐす     武内杉菜

十薬のはびこる真昼硬派なり      田中朋子

無理数と云うもののあり梅雨晴れ間   垂井道夫

ぷっくらと腓腹鍛えて夏の旅      辻本喜代志

蛍の夜余白のままの別れかな      徳山優子

青梅に傾ぐ地軸のありにけり      中野博夫

アイスクリーンアイスクリーン港街   森銅昭夫

短夜の夢で出会ひし道士かな      赤崎ゆういち

叛逆者おなじ匂いの梅雨菌       飛鳥遊子

歳月の色を並べて梅酒瓶        新井博子

池上の句碑に一灯茅舎の忌       五十嵐秀山

晦渋の楽しかりけり竹の秋       対馬康子