2021年11月から協会事務所で行っています。
開催予定
毎月第3火曜日 PM1:00~4:00(12:30までに投句)
講師 対馬康子

参加ご希望のかたは、協会までお問合せ下さい。

現代俳句協会 火曜教室 12月21日

寒林に引く直線が折れ曲る     鋤柄杉太

柚子風呂のたしかな浮力それも神  武内杉菜

森林に濁点落ちている聖夜     田中朋子

三密を避けて海鼠の如き日々    垂井道夫

この世にいくつもの「もしも」寒卵 徳山優子

光年をまたたき通す冬の星     中野博夫

足音に物語ありクリスマス     林ひとみ

行く年や齢秒針に迫られる     森銅昭夫

分断の寒林ひそむ重戦車      赤崎冬生

ツツと往きササと還るよ冬の用   飛鳥遊子

炉話のはじまりはもう焼べられて  新井博子

仔犬きて大騒動の師走かな     有坂花野

木洩日のこぼれこぼれに秋の蝶   猪越玲子

森林の人が人避け冬茜       五十嵐秀山

極月の絵本の町を出られない    石川夏山

葱白菜のせて叔父さんやってくる  越川ミトミ

兎の眼描く乙女の絵筆かな     清水克郎

針のなき天の文字盤吹雪きけり   対馬康子