26 27 28 29 30 31 1
全日
第37回兜太現代俳句新人賞応募締切
第37回兜太現代俳句新人賞応募締切
5月 31 全日
現代俳句協会では、若き俳句作家の登竜門として現代俳句新人賞を設け、個性的ですぐれた資質の新人を世に送り出してまいりました。 2019年度から金子兜太の名を冠し「兜太現代俳句新人賞」と名称変更し、協会外からの特別選考委員も加わることになりました。また、応募句数は雑詠五十句となりました。 年齢以外の応募条件はありませんので、多くの方の意欲あるフレッシュな作品をお待ちしております。     選考委員 瀬間陽子、田中亜美、中内亮玄、松本勇二、宮崎斗士、山本左門(五十音順)     特別選考委員 小林恭二、穂村 弘(五十音順)     応募要項 句数:雑詠50句。但し、未発表の作品に限る(他への二重投句は不可)。作品には必ずタイトル(題名)をつけること。 応募用紙:A4版・400字詰め原稿用紙3枚にタイトルと50句を記入。これとは別に、同じ大きさの原稿用紙1枚に、タイトル、氏名、性別、年齢、住所、電話番号、俳歴を明記し、計4枚使用。 ※作品を記入した原稿用紙に氏名を記入しないようにお願いします。 応募資格:年齢を50歳未満(締切日を基準)とする。 応募料:整理費として2,000円(定額小為替同封または現金書留) ※応募原稿は返却しません。 締切日:2019年5月31日(必着) 発表:当協会機関誌『現代俳句』に受賞作品を発表。 顕彰:賞状および現代俳句協会からの句集出版の助成(30万円相当、期限有)   表彰式:2019年11月16日(土)第56回現代俳句全国大会(東京)席上にて。
12:00 AM
1:00 AM
2:00 AM
3:00 AM
4:00 AM
5:00 AM
6:00 AM
7:00 AM
8:00 AM
9:00 AM
10:00 AM
11:00 AM
12:00 PM
1:00 PM
2:00 PM
3:00 PM
4:00 PM
5:00 PM
6:00 PM
7:00 PM
8:00 PM
9:00 PM
10:00 PM
11:00 PM
今: 5月 27 10:06 pm
2:00 PM 3/22、4/17、5/29、映画「天地悠々 兜太・俳句の一本道」上映と兜太を語る会
3/22、4/17、5/29、映画「天地悠々 兜太・俳句の一本道」上映と兜太を語る会
5月 29 @ 2:00 PM – 4:30 PM
3/22、4/17、5/29、映画「天地悠々 兜太・俳句の一本道」上映と兜太を語る会
 1回目:2019年3月22日(金) 14:00〜16:30 日比谷図書文化館 大ホール 千代田区日比谷公園1‒4 ゲスト:黒田杏子(俳人)   2回目:2019年4月17日(水) 14:00〜16:30 文京シビックセンター 小ホール 文京区春日1‒16‒21 ゲスト:下重暁子(作家・評論家)   3回目:2019年5月29日(水) 14:00〜16:30 文京シビックセンター 小ホール 文京区春日1‒16‒21 ゲスト:細谷亮太(聖路加国際病院 小児科医・俳人)   入場料:当日2000円(前売り1800円) *現代俳句協会会員の皆様への特別チケット(1500円)を用意しております。お名前、希望日、枚数を明記の上、はがきまたはファックスにて現代俳句協会へお申込み下さい。チケットと郵便局の払込取扱票をお送り致します。なお、チケットのご送付は2月の半ば以降になる予定です。   スケジュール(1~3回目とも) 開場 13:30 上映 14:00〜15:15 語る会 15:25〜16:30 司会:河邑厚徳監督   主催:ピクチャーズネットワーク(株) 「天地悠々 兜太・俳句の一本道」 上映時間74分 出演:金子兜太 語り:山根基世 朗読:本田博太郎 プロデューサー:平形則安 後援・協力:現代俳句協会 特別協賛:伊藤園 協力:藤原書店
7:00 PM 社会人のための短期集中俳句実作講座「俳句OJT」事前オリエンテーション
社会人のための短期集中俳句実作講座「俳句OJT」事前オリエンテーション
5月 30 @ 7:00 PM – 9:00 PM
https://gendaihaiku.gr.jp/archives/news/%e7%a4%be%e4%bc%9a%e4%ba%ba%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e4%bf%b3%e5%8f%a5%e5%ae%9f%e4%bd%9c%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%8c%e4%bf%b3%e5%8f%a5ojt%e3%80%8d
1:00 PM 現代俳句会のつどい @ 現代俳句協会事務所
現代俳句会のつどい @ 現代俳句協会事務所
6月 1 @ 1:00 PM – 5:00 PM
当協会員による相互批評句会。 超結社で、講師は置かずに、闊達な意見交流をし俳句表現を追求しようという趣旨で、昭和58年に始められた。 司会 前田弘 場所 現代俳句協会事務所 開催予定 毎月第1土曜日(PM1:00~5:00) 第405回現代俳句のつどい(31・2・2) パントマイムで春を迎えに行く      金子  功 大根と猫わたくしとボールペン      田中いすず 着ぶくれてまるで動けぬがんもどき    中内 火星 自動ドアにはさまれそうなバレンタイン  大川 竜水 初鶯座っていても速度感         大坪 重治 窓磨く光は春になる途中         表  ひろ 取説の通りに生きる 寒林        秋谷 菊野 廃村のきさらぎきみの音沙汰       川名つぎお 青になるまで流氷の力尽く        杉本青三郎 春隣飴切る音がはねている        鍬守 裕子 寒卵の重たさを言う満十歳        吉田香津代 一声ですむ丹頂のラブコール       ダイゴ鉄哉 大根を卸す力の余生かな         岡田 一夫 言葉にもマスクをかける初春(はる)の風   普川  洋 冬逝けり三十六度五分の肉        松井 真吾 翰林の客となりたる夜の雪        小湊こぎく この恋は父を泣かせる冬薔薇       藤方さくら 海一月小さき津波のようなひと      石山 正子 二月二十日自然児兜太一周忌       劔物 劔二 相応のハードル超えや野水仙       若林つる子 春の雷玉手箱は上底です         横須賀洋子 雪どけやすっくと立ちぬダライラマ    岡田 淑子 沈黙を許され白鳥の素顔         前田  弘